事例No.PC-7914
参考価格:
1,089,000

衛星データリアルタイム解析用マシン

用途:衛星データのリアルタイム解析

お客さまからのご相談内容

衛星データのリアルタイム解析を目的とした、GPUによる並列計算が可能なLinuxマシンを希望。予算100万円未満の範囲でスペックを調整した見積もりが欲しい。ラックマウント筐体を希望。CUDA Toolkitもインストールして欲しい。

テガラからのご提案

GPUでの並列計算用のマシンということで、最大でGPU x3枚までに対応したラックマウント構成をご提案しました。ご予算との兼ね合いから、初期出荷時のGPUは2枚 (RTX2080Ti x2枚)としています。

CUDAについては、基本的なインストールのみを想定していますが、インストール以外の設定をご希望の場合にはご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Processor W-2295 (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB (32GB x 4)
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX2080Ti 11GB x 2枚
ネットワーク on board (GigabitLAN x 2)
筐体+電源 4Uラックマウント筐体 (幅427 x 高さ177 x 奥行 505mm) + 1500W
OS CentOS 8
その他 CUDA Toolkit インストール
「あんしん+」 3年保証
事例追加日:2020/08/20
事例No.PC-5047

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
3,401,200

ビームロスシミュレーション用WS (予算300万)

用途:モンテカルロ計算

お客さまからのご相談内容

並列計算のモンテカルロ計算を予算内でできるだけ高速化したい。コア数重視でグラフィック性能は問わない。OSはUbuntuもしくはScientific Linuxを想定。

テガラからのご提案

コア数重視とのことで、Xeon Scalableにてご提案いたしました。CPUベースクロックよりも、予算内で出来るだけコア数を確保した構成としております (52コア)。 こちらの事例は使用部材の入手性の関係で安定供給までに時間のかかる構成となります。また、導入のタイミングによりましては、若干の構成変更の可能性がございます。お急ぎの場合は時期に合わせてベストな提案をさせていただきます。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8170 (2.1GHz 26コア) x2 (合計52コア)
メモリ 128GB ECC REG
ストレージ HDD 1TB (SATA)
ネットワーク GigabitLANx2
ビデオカード Radeon HD6450
筐体+電源 4Uタワー筐体 (452×178×648 mm) +1200W
OS Linux想定
その他 ラックマウント用レール
事例追加日:2017/8/28
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。