事例No.PC-7321

AMD EPYC Romeを用いた計算用WS例

用途:LAMMPS 多人数による複数ジョブ
参考価格:1,200,000

お客さまからのご相談内容

分子動力学計算プログラム LAMMPS を用いた、多人数の計算ジョブに適したワークステーションを検討している。

テガラからのご提案

一般的に、コア数 (スレッド数)が多い方が、多人数の計算ジョブには適しております。多くのソフトウェアは市場シェアの面からIntel CPUに処理が最適化されていることが多いですが、AMD CPUでの実例も多いLAMMPSでのご利用がメインということで、より多くのコアを利用することの出来るAMD EPYCを採用した構成を提案させていただきました。

※こちらのステータスはWindows 10 環境で取得した際のものとなります

主な仕様

CPU AMD EPYC 7702P (2.0GHz 64コア/128スレッド)
メモリ 128GB (16GBx8) ECC REG
ストレージ SSD 2TB
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅193 x 高さ424 x 奥行 525 mm) +1200W Platinum
OS CentOS 7
その他 LAMMPS インストール (GPU対応)、NVIDIA CUDA Toolkit
事例追加日:2020/1/7
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

研究用ワークステーション

  • 予算にあわせて最適な構成をご提案
    …予算申請のためのお問い合わせもお待ちしております。公費でのご購入も喜んで承ります。
  • 現在のマシン環境を向上させるご提案
    …現在ご利用中のマシンスペックをうかがい、より処理の高速化が見込める構成をご提案します。
  • 特定のソフトウェアや処理に最適化した構成でのご提案
    …計算解析用ソフトや専門的なソフトウェア使用のためのマシンの提案も得意としています。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。