事例No.PC-10433
参考価格:
2,995,300

ロボット制御シミュレーション用マシン

用途:自作プログラムによる科学シミュレーション

お客さまからのご相談内容

ロボット制御研究用として、科学シミュレーション用マシンを導入したい。
自作のソフトウェアを使用しており、1CPU構成でできる限りメモリ容量を増やしたい。
検討のポイントは以下の通り。

・計算速度はCPUのクロック数xコア数で決まるため、コア数が多いXeonシリーズを希望

・予算は300万円程度で、可能な限り計算速度が速いマシンを提案して欲しい

・GPUを使った計算は行わないため、ビデオカードは安価なものでよい

・計算結果は即時サーバーに保存するため、搭載ストレージの数・容量は多くなくて良い

・OSはWindows10 Pro 日本語版を希望

・光学ドライブ不要

テガラからのご提案

コア数を重視した1CPU仕様かつ、メモリ容量512GBとした構成にてお見積もりしました。

■Point
・CPUとメモリ以外は、ほぼ最低限のスペックで設定

・計算結果はすぐにサーバーへ保存することを踏まえ、搭載ストレージは最小限のOSとソフト用の容量として500GB SSDを選定

・ビデオ出力はon board

・3Dや動画表示、高速なスクロールなどが想定される場合には、別途ビデオカードの追加が必要

お客様からは、設置環境で気を配るべき点についてもご質問をいただきました。
設置場所は24時間冷房の効いた部屋とのことでしたので、周辺温度以外のポイントとして、本体前面から詰めたい空気を取り込めるレイアウトでの設置をお願いしています。筐体内部の熱はリア側から排気されますが、排気された熱い空気が本体前面側へ回り込んでしまうと、冷却面で問題が生じますので、排気した空気を吸い込まないレイアウトでの配置をご検討ください。
なお、弊社では出荷前のテストとして、25℃程度の室温環境におけるCPU負荷率100%+12時間以上連続稼働の動作確認を行い、動作温度に問題がないことを確認した上でご提供しております。

 

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8380 (2.30GHz 40コア)
メモリ 512GB REG ECC
ストレージ 500GB SSD S-ATA
ビデオ on board (VGA x1)
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit
事例追加日:2022/11/17
事例No.PC-10291
O11 Dynamic XL
参考価格:
3,432,000

機械学習&量子化学計算シミュレーション用マシン

用途:機械学習、量子化学計算

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-8351を見ての問い合わせ。
機械学習および量子化学計算のシミュレーションを行うためのマシンが欲しい。
100V電源環境で利用することができて、以下の条件を満たす提案を希望する。

CPU:可能な限り最新の世代で、高クロックでかつキャッシュが大きいもの
メモリ:1コアあたり16GB以上
ストレージ:SSDと1TB以上のHDDをそれぞれ搭載
GPU:予算の範囲内で20GB以上のビデオメモリを持つ製品を複数
電源:100V対応 消費電力によっては、電源 x2台での冗長化も視野に入れる
予算:500万円以下

テガラからのご提案

ご希望の条件に合わせて構成を検討しました。
ストレージ容量の指定条件が少なかったので、ひとまずのご提案として検討しています。
HDDは筐体内部スペースの都合で搭載できる数に制限があり、RAIDカードなどを搭載するバスが残っていないため、RAID化などには対応できないことをご承知おきください。

電源ユニットは1600W表記ではありますが、100V環境では実質的に1300W強の給電能力です。
本構成に搭載した電源 x2台は冗長化 (どちらかが壊れても動作する) を目的としたものではありませんので、どちらか片方の電源が故障した場合、システムは停止します。この点、サーバー的な安定性を考慮しない構成ですので、あくまで100V環境を優先し、なおかつシステムのダウンタイムが許容できる用途・範囲での利用が前提であることをご承知おきください。

【本構成における注意点】
あくまで100V対応のために電源を分けているため、消費電力は15Aを超えます。そのため、必ず別系統の電源コンセントから給電していただく必要があります。 (1コンセントからのタコ足配線利用は不可です) 電気契約も15Aでのご利用は不可となります。

また、電源やGPUなどの物理的な配置の問題で、HDDなどを追加することができない構成です。内蔵で搭載できるドライブはM.2タイプのストレージが2枚までです。

最後に、上記の通り電源を連動させて給電する構成ですので、クリティカルな用途でのご利用は避けるようお願いいたします。電源 x2の構成ではありますが、これらはリダンダントではなく給電量を確保するための連動となりますので、片方の電源が故障した場合、システムは機能しなくなるものとお考えください。

主な仕様

CPU Ryzen ThreadripperPRO 5975WX (3.60GHz 32コア)
メモリ 512GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x4
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 + 1600W x2
OS Ubuntu 20.04

検索キーワード
Deep learning,Machine learning,Artificial intelligence,Neural networks,Deep neural networks,Deep stacking networks,Supervised learning,Unsupervised learning,Natural language processing,Smart manufacturing,Computational intelligence,Data analytics,learning (artificial intelligence),Information processing,Computer vision,AI,big data,programming

事例追加日:2022/09/26
事例No.PC-9233
参考価格:
3,906,947

CFD解析用マシン (80コア仕様)

用途:CFD解析、並列計算

お客さまからのご相談内容

CFD解析専用のマシンとして、Xeon仕様の40コア以上 (希望は80コア) のマシンを導入したい。
多くの計算を並列で実行するため、コア数は多ければ多いほど良い。
希望スペックとして、OSはUbuntuで、メモリは512GB、ストレージはSSD 1TBとHDD 8TBを希望。
wifi対応で、27インチの液晶ディスプレイも付けて欲しい。

テガラからのご提案

お客様のご希望に合わせて、80コア仕様でのお見積もりをご提案しました。
CPUのコストが大きい構成ですが、ご予算を優先する場合には40コア仕様に変更することで、コストダウンが可能です。
実際の計算とご予算とのバランスによって、選択肢が異なるかと存じますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8380 (2.30GHz 40コア) ×2
メモリ 512GB ECC REG
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1000W
OS Ubuntu 20.04
ディスプレイ 27型ワイド液晶ディスプレイ
その他 無線LAN拡張カード

 

事例追加日:2021/11/05
事例No.PC-9225
参考価格:
1,091,200

TPMモジュール搭載 シミュレーション解析用マシン

用途:Ansys HFSS、Ansys SIwave、keysight Momentum

お客さまからのご相談内容

シミュレーション解析ソフトである、Ansys HFSSやAnsys SIwave、Keysight Momentumを扱うためのマシンが欲しい。
Xeon構成で512GB以上のメモリが必要で、マザーボードはTPM 2.0対応が希望。

テガラからのご提案

ご要望にあわせ、Xeon構成でメモリ512GBを搭載した構成のご提案です。
TPMは追加モジュールの搭載によって対応しています。

ご予算に応じてスペックを検討しますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon W-2275 (3.30GHz 14コア)
メモリ 512GB ECC REG
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA RTX A2000
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 TPM 2.0対応モジュール

 

本事例はRADIC 1CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

検索キーワード
finite element analysis,Seebeck effect,Peltier effect,Thomson effect,physics computing,Robust design,Krylov Subspace,Load Vector,nonlinear model,reinforced concrete structure,material model,concrete beam,engineering practice,nonlinear finite element modeling,cracks,static analysis

事例追加日:2021/10/18
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。