事例No.PC-10032
参考価格:
5,649,600

深層学習用GPUサーバー

用途:深層学習

お客さまからのご相談内容

深層学習用のGPUサーバーを検討したい。
GPUはTESLA A100 80GB x2台として、600万円程度の予算で提案して欲しい。
設置場所は200Vの電源環境に対応可能。

テガラからのご提案

ご指定条件にてたたき台の構成を検討しました。
TESLA A100にはディスプレイ出力が搭載されていないため、画面出力用にエントリークラスのビデオカードを追加しています。追加ビデオカードではなくオンボードグラフィックでご利用いただくこともできますが、性能面では最低限の描画性能となります。

また、本構成はTESLA A100 x4台までの搭載に対応しています。ただし、CUDA利用時にメインメモリ容量がビデオメモリ容量を下回っていると、動作に問題が発生する場合がありますので、GPU増設の際にはメインメモリもあわせて増設することを推奨します。

なお、TESLA A100 x2台のままで利用する限りは100V給電で消費電力をカバーできますが、GPUを増設する場合には、200V環境でご利用ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア) x2
メモリ 256GB REG ECC
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
GPU TESLA A100 80GB x2
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +2200W電源 (100V利用時は1200Wまで)
OS Ubuntu 20.04.4
その他 NVIDIA CUDA Toolkit 11/cudnn
PyTorch
事例追加日:2022/05/11
事例No.PC-9765
参考価格:
3,300,000

高密度サーバー (3U 8ノード対応)

用途:データ管理用、設置スペースあたりのパフォーマンス向上

お客さまからのご相談内容

データ管理用の高密度サーバーの導入に向けて、予算確保のための見積もりが欲しい。
1nodeあたりのスペックは、以下の内容を考えている。

CPU:Core i7
メモリ:合計32GB
ストレージ:512GB以上
LAN:1ポート
USB:2ポート以上
OS:Ubuntu 20.04

テガラからのご提案

予算申請用のご相談のため、ご連絡いただいた時点では詳しい運用方法などが決定していませんでしたので、たたき台としての構成を検討しました。
CPUはCore i7に近いXeon E-2300系を選定しており、USBはKVMケーブル側に2つポートがあります。
なお、3U筐体で8ノードに対応しており、CPU/メモリ/ストレージが8セットの構成となっています。
前述の通り、具体的な運用方法などが決まっていない中で、たたき台としてご案内した構成ですので、お客様の運用方法やその他条件などに合わせてご提案させていただきます。

主な仕様

CPU Xeon E2336 (2.90GHz 6コア) x8Set
メモリ 32GB ECC UDIMM x8Set
ストレージ 960GB SSD S-ATA x8Set
ビデオ VGA Via KVM connector
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x2)
筐体+電源 マルチノード3U筐体 + 2000W
OS Ubuntu 20.04
その他 200V電源ケーブル C13 to C14 1.8m x2
KVMケーブル ×8Set

 

事例追加日:2022/03/12
事例No.PC-8824
参考価格:
7,461,300

メモリ3TB搭載マシン

用途:スパコンの代替としての小規模計算用

お客さまからのご相談内容

スパコンを使って計算を行っているが、全ての計算をスパコンに任せるとすぐにリソースを枯渇させてしまうため、小規模な計算を扱うためのマシンが欲しい。
OpenMPやMPIを使って並列で計算することを想定していることに加え、小規模な計算といってもスパコン基準であるため、メモリは1.5TB以上必要。
予算は700万円程度で考えていて、マシン規模から5年保証を前提にしたい。また、IntelコンパイラのFree版をインストールして出荷して欲しい。

テガラからのご提案

ご予算内でメモリ容量とCPUコア数を最大化した構成をご提案しました。
Intelコンパイラをご希望いただいたことからIntel製CPUを用いた構成としており、24コア CPUx4基で合計96コアとしています。また、メモリも64GB x48枚で約3TB構成としています。

本事例の構成にはGPUを含みませんが、搭載する電源ユニットは100V時に1000Wまで (200V時 1800W) のため、100Vでは高負荷時に容量オーバーしてしまう可能性があります。そのため、200V用の電源ケーブルでのご案内としています。

また、この規模のマシンですと、内部冷却との兼ね合いから動作音がかなり大きくなります。
サーバールームでの利用を想定したラックマウント筐体仕様ですが、導入をご検討いただく際には設置環境にご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6348H (2.30GHz 24コア) x4
メモリ 3TB REG ECC
ストレージ 1.92TB SSD S-ATA
ビデオ on board
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 + 1800W (100V利用時は1000Wまで)
OS Ubuntu 20.04
その他 200V対応電源ケーブル
Intel oneAPI(Base Toolkit + HPC Toolkit) Free版プリインストール
HDD返却不要サービス付き「あんしん+」 5年保証

 

事例追加日:21/11/08
事例No.PC-9235
参考価格:
2,526,920

RTX 3090×4搭載 4GPUマシン(200V電源環境向け)

用途:機械学習、推論専用サーバー

お客さまからのご相談内容

学習済みのDNNモデルを予め用意しておき、そのモデルの推論専用サーバーを構築したい。DNNのGPU処理が可能な限り高速なマシンを希望。
GPU処理能力・GPUメモリを優先したいと考えており、事例No.PC-8351のようにRTX3090を4枚搭載した構成を想定している。
SSDは1TB程度、メモリは128GB以上、CPUの希望はないが、予算200万円の範囲内で高スペックなものにしたい。
電源は100Vでも200Vでも対応可能だが、サーバー用途のため24時間通電する想定。

テガラからのご提案

ご覧いただいた事例No.PC-8351は電源を2台搭載していますが、100V給電で4枚のGPUを動作させるための対応であり、リダンダント構成ではありません。かなり特殊な電源構成ですので、24時間稼働のサーバー用途での導入は推奨しておりません。
そのため、用途を踏まえた上での参考見積もりとして、本事例の構成をご用意しました。

電源環境は200V給電が必須の構成となります。
お客様の指定にあわせる形での構成案としていますが、サーバー用途である点を考慮すると信頼性に関わる部分のクオリティを下げることが難しいため、ご予算オーバーでのご提案としています。
ご予算優先の場合には、GPUの搭載数などを見直すことで調整できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Silver 4309Y (2.80GHz 8コア)x 2 (合計16コア)
メモリ 128GB ECC REG
ストレージ 960GB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x 4
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +2200W電源 (100V利用時は1200Wまで)
OS Ubuntu 20.04
その他 NVIDIA CUDA Toolkit 11

 

事例追加日:2021/9/24
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。