事例No.PC-8962B
参考価格:
612,700

RTX3080搭載 Metashape用マシン

用途:SfM、Metashape、三次元測量

お客さまからのご相談内容

UAVで撮影した2,400万画素程度の写真 x1,000枚程度をMetashapeで処理したい。
GPUはRTX2080程度を希望。

テガラからのご提案

ご検討のたたき台として、お見積もりをご用意しました。
ご希望のRTX2080は終息しているため、現行のRTX3080に変更した形としています。
GPUをRTX3090にした場合の事例は「事例No.PC-8962A」をご覧ください。

主な仕様

CPU Core i9 10920X (3.50GHz 12コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 500GB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

「Metashape」の検証に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

事例追加日:2021/06/11
事例No.PC-8962A
参考価格:
808,500

RTX3090搭載 Metashape用マシン

用途:SfM、Metashape、三次元測量

お客さまからのご相談内容

UAVで撮影した2,400万画素程度の写真 x1,000枚程度をMetashapeで処理したい。

テガラからのご提案

ご検討のたたき台として、お見積もりをご用意しました。
お問い合わせいただいた時点では、ご予算やスペック条件の指定がございませんでしたので、従来のMetashape用マシン事例である「事例No.PC-PS002」を現行スペックにアップデートした構成でご提案しています。

PC-PS002では、GPUとしてGTX1080Tiを2枚搭載していますが、現行のRTX3090は1枚でGTX1080Ti x2枚相当以上のスペックがありますので、本事例ではGPU x1枚構成としています。
なお、GPUをRTX3080にした場合の事例は「事例No.PC-8962B」をご覧ください。

また、ご予算に応じてスペックを調整しますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 10920X (3.50GHz 12コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 500GB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

「Metashape」の検証に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

事例追加日:2021/06/11
事例No.PC-8834
参考価格:
953,700

Looking Glass 8K Immersive Display用マシン (RTX3090仕様)

用途:人物の3DCG生成・表示実験、unity

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-7804を見ての問い合わせ。
Looking Glass 8K Immersive Displayを利用した3DCGコンテンツの生成と表示実験に適したマシンを希望。
人物の細かな動作や体の動きを、高精細かつ滑らかに表示できることが重要。

テガラからのご提案

PC-7804の事例構成はあくまで再生用のクライアント環境という前提のため、8K動画を作成できる程度のスペックとしては厳しいと考えられます。
そのため、PC-7804の事例からGPUを現行のRTX3090に変更し、各スペックを向上させた構成でご案内しました。

Looking Glass側の動画表示(高精細かつ滑らかに表示)の参考情報としては、下記動画をご覧ください。

主な仕様

CPU Core i9 10980XE (3.00GHz 18コア)
メモリ 256GB (32GB x8)
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board(10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/04/26
事例No.PC-8617A
参考価格:
1,276,000

計算科学向けワークステーション(Xeon仕様)

用途:計算科学、分子動力学(LAMMPS、OCTA)、量子化学計算(Gaussian)

お客さまからのご相談内容

計算科学向けワークステーションを検討している。
主な用途は分子動力学シミュレーション(LAMMPS、OCTA)と量子化学計算(Gaussian)。
予算は100万~120万円程度。

テガラからのご提案

ご予算の範囲で構成を検討しました。
2CPU構成のため、メモリは1CPU(26コア)あたり6chでの接続となりますので、メモリ帯域の面でRyzen Threadripper仕様(PC-8617B)よりもメリットがあります。
Intel MKLなどIntel系ライブラリやコンパイラの最適化を考慮する場合は、CPUも同じIntel製とするのが望ましいでしょう。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6230R (2.10GHz 26コア)x 2 (合計52コア)
メモリ 192GB (16GBx12) ECC REG
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/3/30
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。