事例No.PC-9981
参考価格:
702,900

バーチャルプロダクション用マシン

用途:Touch Designer、Unreal Engine、Unity

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-6843を見ての問い合わせ。
VRやARなどバーチャル技術を活用したリアルタイム映像制作のプロダクションワークフローであるバーチャルプロダクションに利用するためのPCを検討したい。条件は以下の通り。

・CPU:Core i9 12900K
・GPU:Geforce RTX3090
・筐体:ラックマウント型
・内部I/F:GPU以外にPCI-Ex16スロットを2本
 (ビデオカプチャーカードと10G LANカードを搭載する予定)
・予算:50万~70万円程度

テガラからのご提案

ビデオカード、キャプチャーカード、10G LANカードの3枚の拡張カードを搭載する場合、ビデオカードとキャプチャーカードで少なくともPCI-Eを24レーン使用します。しかし、Core i9 12900Kはコンシューマ向け製品であり、このレーン数を確保することができません。そのため、拡張カードの搭載を前提としたスペックを検討しました。

本構成は事例No.PC-6843をアップデートしたものであり、CPUはCore Xシリーズを採用しています。
搭載予定の10G LANカードの仕様は未定でしたが、一般的な製品ではPCI-Ex4、あるいはx8接続ですので、3枚の拡張カードの搭載を想定しています。
ビデオカードはご希望のRTX3090とし、4Uラックマウント筐体を選択しています。

その他の構成はご予算に合わせて選択しています。
ビデオキャプチャーカードとLANカードはお客様にてご用意いただくことを前提とした構成ですが、カードも含めたお見積もりをご希望の場合には、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 32GB
ストレージ 500GB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 4Uラックマウント筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 ラックマウントレールキット
追加リアファン x2

 

事例追加日:2022/05/11
事例No.PC-9900
参考価格:
690,800

AI自動開発用マシン

用途:AI dynamics社NeoPulse

お客さまからのご相談内容

AI dynamics社のAI自動開発ツール「NeoPulse」を使って、医療データを用いたDeepLearningを実施したい。
予算50万円程度で、以下のスペック条件を満たす構成を希望。

・CPU:Core i9 12900以上
・メモリ:32GB
・ストレージ:2TB SSD M.2
・GPU:RTX3090

テガラからのご提案

条件を満たす構成にてお見積もりをご用意しました。
ご希望のCore i9 12900自体は12世代CPUの中で最もコア数のあるタイプのため、これ以上のコア数をご希望の場合には、Xeon構成やAMD構成への変更が必要ですが、コストも大きく増加します。

なお、ご提案の構成ではGPUをRTX3090 1枚としており、GPUの追加には対応していません。
CPU側のPCI-Eレーン数が20レーンのため、2枚目のGPUを考慮した構成になっていないことが理由です。
複数のGPUを搭載したい場合には、構成の見直しが必要となりますのでご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900 (2.40GHz 8コア + 1.8GHz 8コア)
メモリ 32GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS なし

 

事例追加日:2022/04/13
事例No.PC-9786
参考価格:
721,600

生物医学データ解析用マシン

用途:Amira 5.6、Vast Lite

お客さまからのご相談内容

生物医学データの可視化や解析を行う「Amira 5.6」を利用するためのマシンが欲しい。
メモリのアクセスやCPU、GPUの速度が重要だと考えている。GPUはRTX2080以上を採用したい。

テガラからのご提案

ご要望を踏まえて構成を検討しました。
CPUの単コア速度が最も高く、ある程度コア数のあるものをベースに、メモリは現状で最も速度が高いDDR5メモリモジュールで128GBとしています。
SSDはM.2のGen4対応の高速タイプとし、GPUはRTX2080の後継となるRTX3080を選定しました。

主な仕様

CPU Core i9 12900KF (3.20GHz 8コア + 2.40GHz 8コア)
メモリ 128GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board(2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2022/02/18
事例No.PC-9766A
参考価格:
1,300,200

AI画像診断用マシン (RTX3090 x2枚構成)

用途:工場生産ラインにおけるAIでの画像診断

お客さまからのご相談内容

工場の生産ラインで、AIによる画像診断を行うためのマシンを検討している。予算は100万円程度で、GPUを2枚搭載した構成とGPUを1枚搭載した構成の2パターンを提案して欲しい。
拡張性については考慮しなくてよい。

テガラからのご提案

ご要望に合わせてGPU x2枚の構成をご提案しました。GPU以外のスペックを調整することで、コストを抑えることもできます。お見積もりをご希望の際には、実際の処理内容と照らし合わせのうえ、ご相談ください。
また、GPU x1枚の構成につきましては、PC-9766Bをご覧ください。

主な仕様

CPU Xeon W-2265 (3.50GHz 12コア)
メモリ 128GB REG ECC
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x2
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1200W
OS Ubuntu 20.04
その他 NVIDIA CUDA Toolkit 11

 

本事例はRADIC 1CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2022/02/03
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。