事例No.PC-9214B
参考価格:
1,125,300

Pix4Dmatic用マシン

用途:Pix4D、ドローンマッピング、SfM、大規模な写真測量

大規模マッピング・新世代フォトグラメトリー ソフトウェアPix4Dmaticを快適に使用するための構成案です。
Pix4Dmaticをご利用いただくための、推奨スペックに沿い構成を検討しました。
メモリ容量・ストレージ容量はご利用用途に合わせてカスタマイズが可能ですが、メーカー公式ページの情報によりますと、CPU・GPUのスペックアップはPix4Dの処理において、あまり効果が望めない可能性がありますので、ご承知おきください。

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
また、Pix4D推奨のドローンについても取り扱いがございます。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3970X (3.70GHz 32コア)
メモリ 128GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board(10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1 )
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

Pix4Dライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

事例追加日:2021/10/22
事例No.PC-9214C
参考価格:
401,500

Pix4Dfields / Pix4Dmapper用マシン

用途:Pix4D、ドローンマッピング、スマート農業

デジタル農業のための、高度な農業マッピングソフトウェア Pix4Dfieldsを使用するための構成案です。
Pix4Dfields / Pix4Dmapperをご利用いただくための、最小スペック・エントリーモデルとしてご用意いたしました。

本構成は、Pix4Dにおける最小限のスペックでのご提案となります。
快適性を重視される場合には、推奨スペック(PC-9214A)の構成をご検討ください。

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
また、Pix4D推奨のドローンについても取り扱いがございます。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i7 11700K (3.60GHz 8コア)
メモリ 32GB
ストレージ 500GB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3070
ネットワーク on board(2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

Pix4Dライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

事例追加日:2021/10/22
事例No.PC-9214A
参考価格:
871,200

Pix4Dmapper用マシン

用途:Pix4D、ドローンマッピング、SfM

ドローンマッピング向け写真測量ソフトウェア Pix4Dmapperを快適に使用するための構成案です。
Pix4Dmapperをご利用いただくための、推奨スペックに合わせて構成を検討しました。。
メモリ容量・ストレージ容量はご利用用途に合わせてカスタマイズが可能ですが、メーカー公式ページの情報によりますと、CPU・GPUのスペックアップはPix4Dの処理において、あまり効果が望めない可能性がありますので、ご承知おきください。

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
また、Pix4D推奨のドローンについても取り扱いがございます。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3970X (3.70GHz 32コア)
メモリ 64GB
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board(10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1 )
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

Pix4Dライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

事例追加日:2021/10/22
事例No.PC-9226
参考価格:
1,452,000

気象環境・流体シミュレーション用マシン

用途:WRF-Chem、OpenFOAM

お客さまからのご相談内容

WRF-Chemを用いた気象環境シミュレーションとOpenFOAMを用いた流体シミュレーションを行うためのマシンを導入したい。
CPUはXeonを希望で、WRFをインストールする都合上、OSはRedhatもしくはCentOS系がいいと考えている。
予算は160万円程度。
現在、2コア仕様のXeon ×8台でのLinuxクラスタ (13年ほど前に導入) を使用しているので、それを上回る性能のマシンが望ましい。

テガラからのご提案

現在ご利用のクラスタは1ノードあたり2コアですので、8ノード分のCPUコアを確保するだけであれば、1CPU構成でも対応可能です。本件ではご予算に余裕がありますので、既存マシンの2倍の 2ソケット 32コア構成 としています。

なお、既存マシンについてはノードあたりのメモリ搭載量が不明でしたが、世代を考慮すると多くても1ノードあたり32GB程度だと推測されます。そのため、本構成では、32GB ×8台分の2倍となる512GBのメモリを搭載しています。

CPUコアとメモリのバランスについては、現在のクラスタの構成と比較しつつご検討いただく想定ですので、ご要望に合わせて変更いたします。

その他の構成は暫定的なものとしていますが、ビデオカードはWRF-Chemがポスト処理で解析結果の可視化を行うことができるため、ある程度の性能を持ったエントリークラスの製品を選択しています。
WRF-ChemはLinuxディストリビューションに依存しないソフトウェアだと思われますので、本構成ではUbuntu 20.04としています。また、OpenFOAMはUbuntuで簡便にインストールできます。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア) ×2
メモリ 512GB ECC REG
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T1000
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー筐体 + 1000W
OS Ubuntu 20.04
その他 Intel oneAPI(Base Toolkit + HPC Toolkit) Free版

 

事例追加日:2021/10/18
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。