事例No. PC-2181

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
5,190,000

予算520万円での流体計算用コンピュータの提案

用途:流体計算

「Fortran、ANSYS FluentおよびOpenFOAMなどを利用した流体計算に使用するPCを、予算520万円程度で検討している。OSはCentOSで、CPUは高速でコア数の多いものを希望。」とのご依頼をいただきました。

まずはたたき台として、Xeon E5-2670(2.6GHz、8コア)のマシンを4ノード利用した、合計8CPUのクラスタシステムとしてお見積もりをご案内しました。
各ノードのメモリは大容量の256GBとしたため、スワップ領域を考えると、小容量なSSDではRAID0などを組まなければ容量が足りなくなるおそれがあり、今回ストレージにはHDD(各ノード毎に3TB S-ATA×2台)を採用してご提案しました。また、各ノードの接続にはInfinibandを利用しています。ヒアリングの結果、今回はGPGPUを使わない構成としました。

事例追加日:2013/11/20
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。