事例No.PC-9379B
参考価格:
1,442,100

シングルセルRNA-Seq用マシン (予算150万円)

用途:シングルセルRNA-Seq解析

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-6601を現行スペックに直した見積もりが欲しい。
シングルセルRNA-Seq解析用マシンとしての利用を想定しており、メモリは128GB以上でCPUコア数も12コア以上を希望する。
予算は、100万円以下の場合と100万円~150万円の場合で提案して欲しい。

テガラからのご提案

PC-6601は旧世代の構成ですので、ご要望に合わせて現行スペックにアップデートした内容でご提案しました。
本構成はご予算150万円想定でのご提案ですが、ご予算100万円以下想定で、CPUのモデルが異なる事例No.PC-9379Aもご用意しました。コストを重視した構成をご希望の場合には、ぜひご覧ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6242R (3.10GHz 20コア) x2
メモリ 192GB REG ECC
ストレージ1 2TB SSD S-ATA
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04

 

事例追加日:2022/1/7
事例No.PC-9379A
参考価格:
852,500

シングルセルRNA-Seq解析用マシン (予算100万円)

用途:シングルセルRNA-Seq解析

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-6601を現行スペックに直した見積もりが欲しい。
シングルセルRNA-Seq解析用マシンとしての利用を想定しており、メモリは128GB以上でCPUコア数も12コア以上を希望する。
予算は、100万円以下の場合と100万円~150万円の場合で提案して欲しい。

テガラからのご提案

PC-6601は旧世代の構成ですので、ご要望に合わせて現行スペックにアップデートした内容でご提案しました。
本構成はご予算100万円以下を想定したご提案ですが、ご予算100万円~150万円想定でCPUのモデルが異なる事例No.PC-9379Bもご用意しています。よりCPU性能の高い構成がご希望の場合には、ぜひご覧ください。

主な仕様

CPU Xeon Silver 4214R (2.40GHz 12コア) x2
メモリ 192GB REG ECC
ストレージ1 2TB SSD S-ATA
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04

 

事例追加日:2022/1/7
事例No.PC-9512
参考価格:
1,766,600

脳画像解析用マシン

用途:SPM、BrainVoyager、DSI studio

お客さまからのご相談内容

予算200万円程度で、脳画像解析用のハイエンドマシンを導入したい。
fMRI (磁気共鳴機能画像法)、DWI (拡散強調画像)などの脳画像データをSPM、BrainVoyager、DSI studioなどのソフトウェアで解析した際に、短時間で処理できる構成を希望。立体像での画像抽出のスムーズさも必要になる。
ハードウェア自体の条件としては、複数のSSDを搭載した構成にしたい。

テガラからのご提案

ご予算200万円以下で、たたき台としての構成を検討しました。
ご利用のソフトであるBrainVoyagerがIntelのMKL (数値演算ライブラリ)を利用していると明記されているため、ベースは全てIntel仕様で統一しています。また、GPUについては、BrainVoyagerがアクセラレートに対応しているため、ご予算内で搭載できる上位製品を採用しています。

SSDは容量に指定がございませんでしたので、ひとまずのご案内として、システム用に2TBとデータ用に4TBを2台搭載した構成です。ご要望に合わせて変更いたしますので、搭載数や容量などに指定がございましたらお知らせください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6230R (2.10GHz 26コア) ×2
メモリ 192GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD S-ATA
ストレージ3 4TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/12/15
事例No.PC-9422
参考価格:
819,500

光学設計ソフトウェア用ワークステーション

用途:Zemax OpticStudio

お客さまからのご相談内容

予算100万円程度で、光学設計ソフトウェア Zemax OpticStudioが高速に動くワークステーションが欲しい。

テガラからのご提案

ご検討のたたき台として、ご予算100万円以下の構成を検討しました。
OpticStudioのシステム要件から、基本的にCPUのコア数がもっとも有効なソフトだと判断し、ご予算内でコア数が最大になる構成にてご提案しました。
用途次第ではありますが、現状でのOpticStudioはレイトレーシング (光線追跡法:光や影の表現を演算する機能) などの面においてGPUをサポートしていないため、ビデオカードは問題なく画面表示ができる程度の製品としています。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3970X (3.70GHz 32コア)
メモリ 128GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA T1000
ネットワーク on board (1Gigabit x1 / 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/12/01
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。