事例No.PC-10291B
参考価格:
5,478,000

機械学習&量子化学計算シミュレーション用マシン (RTX A6000 x4枚構成)

用途:機械学習と量子化学計算シミュレーション

事例No.PC-10291の後継仕様です。

PC-10291で採用していたGeforce RTX3090が終息のため、RTX A6000 x4枚を100V環境で使用できる構成としてご用意しました。
本構成は筐体の内部スペースの制約から、搭載できるHDD数に限りがあります。また、RAIDカードなどを搭載するバスが残っていないため、RAID非対応となっております。

電源ユニットは1600W表記ではありますが、100V環境では実質的に1300W強の給電能力です。
本構成に搭載した電源 x2台は冗長化 (どちらかが壊れても動作する) を目的としたものではありませんので、どちらか片方の電源が故障した場合、システムは停止します。この点、サーバー的な安定性を考慮しない構成ですので、あくまで100V環境を優先し、なおかつシステムのダウンタイムが許容できる用途・範囲での利用が前提であることをご承知おきください。

【本構成における注意点】

・給電量を確保するための電源 x2台構成です。片方の電源が故障した場合、システムは機能しません。クリティカルな用途でのご利用は避けてください。

・100V対応への対応のため、消費電力は15Aを超えます。2つの電源は必ず別系統のコンセントから給電してください。(1コンセントからのタコ足配線や電気契約15Aでのご利用は不可)

・HDDなどの増設には対応していません。(搭載可能な内蔵ドライブはM.2タイプのストレージ x2枚まで)

主な仕様

CPU Ryzen ThreadripperPRO 5975WX (3.60GHz 32コア)
メモリ 512GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A6000 x4
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 + 1600W x2
OS Ubuntu 20.04
事例追加日:2022/11/29
事例No.PC-10569
参考価格:
2,168,100

ガラス成形における流体解析

用途:流体解析シミュレーション

お客さまからのご相談内容

ガラス成形の研究を行うため、流体解析用マシンを導入したい。
できるだけコア数の多い構成を提案して欲しい。
希望するスペックは以下の通り。

・CPU:できるだけ多いコア 
・メモリ:128GB以上
・ストレージ:OS用のSSD x1とデータ用のHDD x1
・OS:Windows 11
・予算:200万円程度

テガラからのご提案

ご要望に合わせて構成を検討しました。
ご予算内でコア数を最大化するため、スペックとコストのバランスを考えてThreadripperPROを用いた構成をご提案しています。

OS用のストレージには速度を重視してM.2タイプのSSDを採用し、データ用は容量とコストのバランスからS-ATAタイプのHDDとしています。

本事例の構成は、お客様から頂戴した条件を元に検討した内容です。
掲載内容とは異なる条件でご検討の場合でも、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU ThreadripperPRO 5995WX (2.70GHz 64コア)
メモリ 128GB REG ECC
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T1000
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 + 1000W
OS Microsoft Windows 11 Pro 64bit

検索キーワード
finite element analysis,Seebeck effect,Peltier effect,Thomson effect,physics computing,Robust design,Krylov Subspace,Load Vector,nonlinear model,reinforced concrete structure,material model,concrete beam,engineering practice,nonlinear finite element modeling,cracks,static analysis

本事例はThreadripperPRO Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2022/11/24
事例No.PC-10454
参考価格:
559,900

反応経路計算用マシン

用途:原子・分子スケール構造モデリングソフトウェア「Winmostar」の利用

お客さまからのご相談内容

合金触媒の研究用途でマシンの新規導入を検討している。最適な構成を提案して欲しい。

・WinmostarでQuantum ESPRESSOを使い、表面電子状態の計算や反応種 (プロピレンや水素等) が吸着した系の計算、NEB法による反応経路の計算などの実施を想定している。
・金属化合物を使用しているため、中にはユニットセル内の原子が10個を超えるものもある。
・予算申請のための見積もりなので具体的な予算は決まっていないが、ひとまずは50万円程度を想定している。

テガラからのご提案

ご予算50万円に近い金額で検討した構成を検討し、ご提案しました。

■Point
・Quantum ESPRESSOは公式のCPUベンチマークデータが公開されている。
・AMD系の多コアCPUが性能面で有利。
・ベンチマークリスト内でご予算内で対応できるCPUは、Ryzen9 5900X 12コアRyzen9 5950X 16コアが該当する。

参考:Performance Metrics (Quantum ESPRESSO) ※外部サイトに飛びます

ご提案では、ベンチマークリストに掲載されたCPUよりも新しい世代の製品を採用しているため、より高いスコアを狙えると判断しました。

主な仕様

CPU AMD Ryzen9 7950X (4.50GHz 16コア)
メモリ 128GB
ストレージ 2TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 11 Pro 64bit

■FAQ

・Winmostarとは
Winmostar (ウインモスター) は原子・分子スケール構造モデリングソフトウェア。量子化学計算 / 分子動力学計算 / 個体物理計算などに対応しており、GUIでのシミュレーションを行うことができます。

※参考:Winmostar ※外部サイトに飛びます

・Quantum ESPRESSOとは
Quantum ESPRESSO (クオンタムエスプレッソ) は、GNU General Public Licenseで無料配布されているオープンソースソフトウェア。第一原理電子状態計算プログラム。

※参考:Quantum ESPRESSO ※外部サイトに飛びます

 

検索キーワード
第一原理手法,全電子計算手法,密度汎関数理論(Density functional theory: DFT),コーン・シャム方程式,Kohn-Sham,量子化学,マテリアルズインフォマティクス,マテリアルインフォマティクス,高精度物性予測モデル,新素材開発,新物質・新材料探索,ソルバ,

事例追加日:2022/10/22
事例No.PC-10489
参考価格:
1,580,700

分子構造解析用マシン

用途:科学計算用ソフトウェア「Gaussian」「Gaussview」の利用

お客さまからのご相談内容

化学品の研究開発で素材の分子構造解析を行うため、Gaussian/Gaussviewの利用に適したマシンを導入したい。
ハード面では下記の条件を満たせば購入先にこだわりはないので、サポート対応してくれるメーカーから購入したい。

CPU:コア数が32以上であり、Xeon Gold 5220以上のスコアを持つIntel製CPU
メモリ:128GB以上 (拡張性のあることが望ましい)
Cドライブ:1TB以上のSSD
Dドライブ:1TB以上のSSD
GPU:NVIDIA Quadro P620以上のスペックで計算用途に用いられるNVIDIA製品
保守点検費用も含む

テガラからのご提案

【CPUについて】
第3世代のXeon Goldを2基搭載して、合計32コアを実装しました。

■Point
・1つのCPUで32コア以上の製品も選択できるが、2CPU構成にした時よりもコストが上昇する場合がある
・本事例ではコストとスペックのバランスを考慮した上で2CPU構成を採用。
・2CPU構成の場合、メモリスロットが増えるため増設の余地が大きくなる点がメリット

ご提案ではひとまずとして条件の下限である32コアとしていますが、より多くのコア数が必要な場合にはご相談ください。

【メモリについて】
メモリは出荷時点の構成で空きスロットが8つあります。

■Point
・搭載しているものと同じメモリを増設することで合計256GBまで増設可能
・初期搭載のメモリを取り外して換装すれば、最大2TBまで拡張可能

【ビデオカードについて】
ビデオカードは現行のラインナップで指定条件に近いT1000を選択しています。

■Point
・「計算用途に用いられる」の指す意味によってカードの選定基準は異なる。
 →「ワークステーション向けビデオカード」の意味であれば、T1000で問題はない。
 →「GPGPUに用いられるビデオカード」の意味であれば、T1000では性能不足。

GPGPU利用を想定する場合には、適したビデオカードを選定しますので、ご相談ください。

【サポートについて】
保守点検に関しては、お問い合わせ時点で詳細なご要望を頂戴していませんでしたので、たたき台として「あんしん+ 5年間引き取り修理」を加えた内容でのご案内としました。
弊社の基本的な保証は引き取り修理対応となりますが、オンサイト保守やTeamViewerを利用したリモートサポートなど、お客様のご要望に合わせて保証をカスタムすることが可能です。
納入時の設置や動作確認などに関してもご相談を承っていますので、気兼ねなくお問い合わせください。

主な仕様

CPU Xeon Goldr 6326 (2.90GHz 16コア) x2
メモリ 128GB
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T1000
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 11 Pro 64bit
その他

TPMモジュール
「あんしん+」 5年間引き取り修理

■FAQ

・第3世代Xeon Goldとは
XeonとはIntel社のCPUブランドの1つで、サーバーやワークステーションなど高性能が要求されるマシンに向けた製品群です。
第3世代のXeon Scalabeleプロセッサーでは、コア性能やクロック、I/O帯域幅などが前の世代よりも改善されています。
Xeon Scalableには、「Bronze」「Silver」「Gold」「Platiunm」の4つのバリエーションが存在しており、Goldは最大で2CPUまたは4CPU構成に対応しています。(グレードによって異なります)

・GPGPUとは
GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units)は、GPUコンピューティングとも呼ばれます。画像処理で使用されるビデオカードの演算能力を、他の用途に応用する技術を指すものです。
GPUは単純な演算を並列的に繰り返し実行するのが得意であり、その性質を活かしてビッグデータ解析やシミュレーション、機械学習やAIなど様々な分野で積極的に利用されています。

・TeamViewerとは
TeamViewerは社内外に対するリモートサポートや遠隔地の端末へのリモートアクセス、ウェブ会議やプレゼンテーションといった様々な用途で活用されているリモートコントロールソフトウェア。世界25億台以上の端末でインストールされているマーケットシェアNo.1の製品です。
TeamViewerライセンスは、弊社ユニポス事業部でも取り扱いがございます。

検索キーワード
第一原理手法,全電子計算手法,密度汎関数理論(Density functional theory: DFT),コーン・シャム方程式,Kohn-Sham,量子化学,マテリアルズインフォマティクス,マテリアルインフォマティクス,高精度物性予測モデル,新素材開発,新物質・新材料探索,ソルバ,

事例追加日:2022/10/22
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。