事例No.PC-7984
参考価格:
480,000

動物行動解析用マシン

用途:DeepLabCut

お客さまからのご相談内容

ディープラーニングにより動物行動解析を行うソフト「DeepLabCut」のためのワークステーションが欲しい。予算は50~60万円。DeepLabCutの利用には、Tensorflow ver1.x と CUDA 10以下のインストールが必要。

テガラからのご提案

上記ご相談内容に加えてお客様からご指定頂いた仕様条件にあわせて、Core Xシリーズを搭載した構成にてご提案しました。CPUは暫定的な選定のため、ご希望にあわせて変更可能です。

またご指定のOSが最新のUbuntu 20.04 LTSであることに対し、Tensorflow 及び CUDA のバージョンは古いものである必要がございましたので、安定動作を期待できるUbuntu 18.04でのご利用も合わせてご提案させていただきました。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 64GB (16GBx4)
ストレージ システム : 500GB SSD S-ATA + データ:4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX2080Ti 11GB
ネットワーク on board (GigabitLAN x 1)
筐体+電源 タワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行543 mm) + 1000W
OS OS無し (Ubuntu 20.04 LTS予定)
事例追加日:2020/08/20
事例No.PC-7914
参考価格:
990,000

衛星データリアルタイム解析用マシン

用途:衛星データのリアルタイム解析

お客さまからのご相談内容

衛星データのリアルタイム解析を目的とした、GPUによる並列計算が可能なLinuxマシンを希望。予算100万円未満の範囲でスペックを調整した見積もりが欲しい。ラックマウント筐体を希望。CUDA Toolkitもインストールして欲しい。

テガラからのご提案

GPUでの並列計算用のマシンということで、最大でGPU x3枚までに対応したラックマウント構成をご提案しました。ご予算との兼ね合いから、初期出荷時のGPUは2枚 (RTX2080Ti x2枚)としています。

CUDAについては、基本的なインストールのみを想定していますが、インストール以外の設定をご希望の場合にはご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Processor W-2295 (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB (32GB x 4)
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX2080Ti 11GB x 2枚
ネットワーク on board (GigabitLAN x 2)
筐体+電源 4Uラックマウント筐体 (幅483 x 高さ177 x 奥行 505mm) + 1500W
OS CentOS 8
その他 CUDA Toolkit インストール
「あんしん+」 3年保証
事例追加日:2020/08/20
事例No.PC-7813
参考価格:
405,000

音響解析用ワークステーション例 (予算50万前後)

用途:COMSOL Multiphysics (音響モジュール)

お客さまからのご相談内容

COMSOL Multiphysics の音響モジュールを使用するためのワークステーションを検討したい。Xeon構成がベストだが、納期優先での提案を希望。

テガラからのご提案

Xeon ベースがベストとのことでしたが、お問い合わせをいただいた時点でのXeonの入荷状況が悪く、代替構成でご提案させていただきました。価格帯から選択できるCPUとして AMD Ryzen 系のCPUも候補として挙がりましたが、ご利用予定のソフトウェアはメモリ容量 及び 帯域が重要な要素となりますので、メモリチャンネルが 2chの Ryzenではなく、4ch の Intel Core-X CPU を選択いたしました。

なお、本構成はあくまで音響解析を主としたご利用を想定しておりますので、サウンド機能は一般的なコンピュータ相当となります。リアルタイムでサウンドを扱うための機器が必要な場合はオーディオインターフェースなどを追加することが可能です。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 128GB (32GBx4)
ストレージ SSD 1TB (S-ATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P1000
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +750W
OS Ubuntu 18.04

 

事例追加日:2020/7/17
事例No.PC-7799
参考価格:
2,180,000

モンテカルロ法による炉物理計算用WS例 (予算200万前後)

用途:SCALE、ORIGEN、MCNP、PHITSコード

お客さまからのご相談内容

モンテカルロ法による原子炉燃料集合体を模擬した全炉心計算用のワークステーションを検討したい。

テガラからのご提案

お客様ご指定の使用予定ソフトウェア、その要件を満たした構成にてご提案いたしました。
ストレージに関してはシステム用のSSD+データ用のHDDの構成とし、データ領域はミラーリング (RAID1) となります。ディスプレイ出力は、ある程度GUIでの操作も快適にするためにビデオカードを搭載しております。なお本構成は1000Base-Tのみ対応となり、10/100Base-Tには対応しておりませんので、ご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8260 (2.40GHz 24コア) x 2 (合計48コア)
メモリ 96GB (16GB x 6) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB (S-ATA)
データ:HDD 1TB x 2 RAID1 (S-ATA)
ビデオ AMD Radeon R5 230
ネットワーク GigabitLANx2 (1000Base-T)
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行647 mm) + 1200W
OS Ubuntu 18.04
その他 MegaRAID (ハードウェアRAIDカード)
追加冷却ファン
「あんしん+」 3年保証
事例追加日:2020/6/8
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。