事例No.PC-10291B
参考価格:
5,478,000

機械学習&量子化学計算シミュレーション用マシン (RTX A6000 x4枚構成)

用途:機械学習と量子化学計算シミュレーション

事例No.PC-10291の後継仕様です。

PC-10291で採用していたGeforce RTX3090が終息のため、RTX A6000 x4枚を100V環境で使用できる構成としてご用意しました。
本構成は筐体の内部スペースの制約から、搭載できるHDD数に限りがあります。また、RAIDカードなどを搭載するバスが残っていないため、RAID非対応となっております。

電源ユニットは1600W表記ではありますが、100V環境では実質的に1300W強の給電能力です。
本構成に搭載した電源 x2台は冗長化 (どちらかが壊れても動作する) を目的としたものではありませんので、どちらか片方の電源が故障した場合、システムは停止します。この点、サーバー的な安定性を考慮しない構成ですので、あくまで100V環境を優先し、なおかつシステムのダウンタイムが許容できる用途・範囲での利用が前提であることをご承知おきください。

【本構成における注意点】

・給電量を確保するための電源 x2台構成です。片方の電源が故障した場合、システムは機能しません。クリティカルな用途でのご利用は避けてください。

・100V対応への対応のため、消費電力は15Aを超えます。2つの電源は必ず別系統のコンセントから給電してください。(1コンセントからのタコ足配線や電気契約15Aでのご利用は不可)

・HDDなどの増設には対応していません。(搭載可能な内蔵ドライブはM.2タイプのストレージ x2枚まで)

主な仕様

CPU Ryzen ThreadripperPRO 5975WX (3.60GHz 32コア)
メモリ 512GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A6000 x4
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 + 1600W x2
OS Ubuntu 20.04
事例追加日:2022/11/29
事例No.PC-10551
参考価格:
12,248,500

メモリ2TB シミュレーション可視化マシン

用途:確率論に基づく数値シミュレーション

お客さまからのご相談内容

マテリアルズ・インフォマティクスの研究のため、不確実性に関する数値シミュレーションを行うためのマシンが欲しい。
異なる条件で大量のシミュレーションを実施する必要があるため、並列計算能力の高いマシンが理想。
また、大規模な解析結果を高速で可視化するために、高性能なGPUが必要。
希望するスペックは以下の通り。

・CPU:Xeon Platinum 8380 x2 
・メモリ:搭載可能な最大容量
・ストレージ:4TB SSDを搭載可能な数だけ
・ビデオカード:NVIDIA RTX Ada (2台以上)
・OS:Ubuntu 22.04
・予算:1200万~1500万円程度

テガラからのご提案

ご要望に合わせて構成を検討しました。
NVIDIA RTX A6000 Adaを2台搭載した構成です。
ストレージ条件である4TB SSDは、M.2スロット x2つとS-ATA x7つで合計9台を搭載しています。
※マザーボード上のS-ATAポートは全部で8ポートですが、残り1ポートは光学ドライブ用として使用しています。

電源ユニットは1600W対応品を採用していますが、100V環境で利用する場合は1300W程度までの出力となります。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8380 (2.30GHz 40コア) x2
メモリ 2TB REG ECC
ストレージ1 4TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD M.2
ストレージ3 4TB SSD S-ATA x7
ビデオ NVIDIA RTX6000 Ada x2
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー筐体 + 1600W
OS Ubuntu 20.04
事例追加日:2022/11/24
事例No.PC-10543
参考価格:
690,800

GeForce RTX 4090搭載 深層学習用マシン

用途:声音合成のための深層学習

お客さまからのご相談内容

声音合成の研究のため、音声言語の機械学習を目的としたマシンを導入したい。
予算60~70万円程度で、希望するマシンスペックは以下の通り。

・メモリ:64GB以上
・ストレージ:1TB SSD 以上
・ビデオカード:NVIDIA RTX3090相当
・OS:Ubuntu (使い慣れたUbuntu 18.04をインストールして欲しい)

テガラからのご提案

ご相談の時点では、為替レート上昇などの影響により、ご予算内で複数台のGPUに対応した構成をご提案することが難しいため、GPU x1台に対応した構成をご用意しました。2台目のGPU増設に対応しない構成となります。

また、Ubuntu 18.04のインストールに関しては、以下の情報をお伝えし、方針をご検討いただいています。

■Point
・Ubuntu 18.04は旧Verであり、最新のハードウェア構成では動作確認ができておらず、動作を保証することが難しい。
・Ubuntu 18.04のインストールを試すこと自体は問題ない。
・致命的なハード認識エラーがなければUbuntu 18.04で出荷し、エラーが発生&解決できない場合は20.04もしくは22.04に変更する方法はどうか。
・Ubuntu 18.04をインストールした場合、LAN周辺やCPU、ボード系の低電力関係の対応でエラーが発生する可能性が考えられる。

お客様からは「Ubuntu 18.04のインストールを試して問題がある場合には、20.04もしくは22.04に変更して構わない」とご承諾いただきましたので、本事例ではご要望に合わせたOSとしています。

また、GPUは新型のRTX4090を採用しています。
RTX4090は物理的なサイズ・発熱が大きいことから、筐体内部のエアフローに十分注意する必要があります。本事例はGPU x1台までに対応したハードウェア構成ですので、内排気タイプのRTX4090にも対応しています。そのため、ご利用ソフトウェア側でGPUに関する制限がなければ、旧製品のRTX3090よりも高い処理性能が期待できます。

参考:【動作検証】GeForce RTX4090 取り付け~OS動作検証情報 ※弊社オウンドメディア「TEGAKARI」へ飛びます

主な仕様

CPU AMD Ryzen5 7600X (4.70GHz 6コア)
メモリ 64GB
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX4090 (内排気)
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Ubuntu 18.04

■FAQ

・深層学習とは
深層学習、またはDeepLearning (ディープラーニング) とは、データを学習することでコンピュータが自律的に予測や分類を行う機械学習の手法です。
機械学習に関しては、弊社オウンドメディア「TEGAKARI」の関連記事をご覧ください。

参考:【特集記事】機械学習ってなんだろう ※弊社オウンドメディア「TEGAKARI」に飛びます

検索キーワード
Deep learning,Machine learning,Artificial intelligence,Neural networks,Deep neural networks,Deep stacking networks,Supervised learning,Unsupervised learning,Natural language processing,Smart manufacturing,Computational intelligence,Data analytics,learning (artificial intelligence),Information processing,Computer vision,AI,big data,programming

事例追加日:2022/11/16
事例No.PC-8561
参考価格:
750,200

次世代シーケンサー解析用マシン (Bioconda3の利用を想定)

用途:Bioconda3の利用

お客さまからのご相談内容

次世代シーケンサー解析ソフト「Bioconda3」を利用するためのマシンを導入したい。
想定しているスペックは以下の通り。

CPU:Xeon 36スレッド程度
メモリ:ECC 64~128GB
ストレージ:SSD 1TB + HDD 6TB
OS:Ubuntu 20.04
その他:Bioconda3プリインストール

Bioconda3の他にも、BWA、GATK、STAR-Fusion、SAMtools、Bedtoolsなどを利用する予定。
予算140万円の範囲で提案して欲しい。

テガラからのご提案

ご要望に合わせて36スレッドのXeon Wを採用した構成にてお見積もりしました。
HDDは6TB製品がほとんど流通しておらず、入手できた場合でもコスト面でもメリットが少ないため、代替品として8TB製品を選択しています。

また、ご予算の上限には余裕がありますが、ご利用予定のソフトの中にはGPGPUを利用するものがないため、ビデオカードは画面出力のみを考慮したエントリークラスの製品としています。GPUの利用も想定する場合、より上位の製品への変更が可能です。
その他のスペックはひとまずご要望のスペックを優先した選定としていますが、ご予算上限にあわせたご提案をご希望の場合には気兼ねなくお申し付けください。

なお、Bioconda3はminiconda (Anacondaのコンパクト版) のチャンネルとして導入する形ですので、Biocondaチャンネルの登録を行った状態での出荷を想定しています。

■Bioconda3
condaチャンネルのディストリビューションの1つ。
バイオインフォマティクス関連のツールが登録されたパッケージマネージャー。

■miniconda
Pythonとパッケージマネージャー「conda」に加え、必要最低限のパッケージの入ったディストリビューション。

 

主な仕様

CPU Xeon W-2295 (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04
その他 Bioconda3インストール設定
事例追加日:2022/10/13
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。