事例No.PC-7628
参考価格:
2,428,000

NVMe SSDx4運用拡張カード搭載想定の画像検査マシン例

用途:CoaXpress

お客さまからのご相談内容

画像検査用ワークステーションとして、所持している ASRock Ultra Quad M.2 Cardを用いて SSDx4でのRAIDを構築・運用したい。期待する性能が出ているかを事前に確認のうえでの導入を希望。

テガラからのご提案

お客様より想定のPCI-Eカード (ASRock Ultra Quad M.2 Card)をお預かりし、NVMe SSDx4 でのRAID0 を構築、動作に問題がないことを確認したうえでPC構成をご提案をさせていただきました。

本事例においては拡張カードおよび、SSD はお客様からの支給品となりますが、弊社にてご用意することも可能ですので、ご相談ください。

※こちらの事例における RAID0の構築 動作確認については、弊社の情報発信WEBメディア「テガカリ」にてサポート事例紹介記事を公開しております。ご参照くださいませ。

【テグシス】NVMe SSD 4枚でのストレージ動作確認 (RAID0)
(※外部WEBサイト テガカリに移動します)

主な仕様

CPU Xeon W-3245 (3.20GHz 16コア) 
メモリ 32GB ECC REG  (増設可能)
ストレージ 支給品 (Intel 660P 2.0TB NVMe x 4 )
ネットワーク GigabitLAN x 2
ビデオ Quadro GV100
筐体+電源 フルタワー筐体(幅243x高さ532x奥行582mm )
+2000W (100V環境では1200Wまで対応)
OS Windows 10 Pro for Workstation 64bit
その他 専用CPUクーラー、100V対応電源ケーブル
事例追加日:2020/9/8
事例No.PC-7799
参考価格:
2,180,000

モンテカルロ法による炉物理計算用WS例 (予算200万前後)

用途:SCALE、ORIGEN、MCNP、PHITSコード

お客さまからのご相談内容

モンテカルロ法による原子炉燃料集合体を模擬した全炉心計算用のワークステーションを検討したい。

テガラからのご提案

お客様ご指定の使用予定ソフトウェア、その要件を満たした構成にてご提案いたしました。
ストレージに関してはシステム用のSSD+データ用のHDDの構成とし、データ領域はミラーリング (RAID1) となります。ディスプレイ出力は、ある程度GUIでの操作も快適にするためにビデオカードを搭載しております。なお本構成は1000Base-Tのみ対応となり、10/100Base-Tには対応しておりませんので、ご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8260 (2.40GHz 24コア) x 2 (合計48コア)
メモリ 96GB (16GB x 6) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB (S-ATA)
データ:HDD 1TB x 2 RAID1 (S-ATA)
ビデオ AMD Radeon R5 230
ネットワーク GigabitLANx2 (1000Base-T)
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行647 mm) + 1200W
OS Ubuntu 18.04
その他 MegaRAID (ハードウェアRAIDカード)
追加冷却ファン
「あんしん+」 3年保証
事例追加日:2020/6/8
事例No.PC-6226B
参考価格:
1,850,000

流体・電磁界解析用サーバー例 (2CPU・予算200万)

用途:JMAG、STARCCM+、Intel fortran compiler

お客さまからのご相談内容

PC-6226Aの事例の2CPU版で、単独クロックを重視した仕様を希望。予算は200万円。PC-6226Aと同様に、流体・電磁界解析用としてサーバー運用を想定しており、ラックマウント型、CAL、RDS、Intelコンパイラが必要。

テガラからのご提案

事例PC-6226Aをベースに、2CPUでクロックを重視した構成になります (3.60GHz ※TB時 4.4GHz)。こちらはご予算との兼ね合いもあり、オンボードRAIDでのHDD2台 (RAID1)構成となります。
なおCAL、RDS、Intelコンパイラなどのライセンスについては、PC-6226Aと同条件でのご提案となっています。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6244 (3.60GHz ※TB時 4.4GHz 8コア) x2  (合計16コア)
メモリ 96GB (ECC REG 16GBx6)
ストレージ 4TB HDD ニアライン S-ATAx2 (RAID1)
※オンボードRAID
ネットワーク GigabitLANx2
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 (幅 437 x 高さ89 x 奥行 647 mm)
+ 800W リダンダンド電源
OS Microsoft Windows Server 2016 STD 16Core
その他 ・Parallel Studio XE 2019 Composer Edition for Fortran & C++
– Windows 商用特定ユーザーライセンス
・Windows Rmt Dsktp Services User CAL Open Business x5
・Windows Server User CAL 2019 Open Business x5
事例追加日:2019/8/27
事例No.PC-6226A
参考価格:
4,000,000

流体・電磁界解析用サーバー例 (4CPU・予算400万)

用途:JMAG、STAR-CCM+、Intel Fortran Compiler

お客さまからのご相談内容

Windows Server 2016にて 5人同時ログイン用のCAL、RDSライセンス、Intelコンパイラを含めた解析用ラックマウントPCを希望。400万円の予算内で可能な限りコア数を増やしたい。

テガラからのご提案

12コアx4基 (合計48コア)の4CPU構成にてご提案させていただきました。ストレージはサーバー用途とのことで、RAIDカード+SSD RAID5構成としております。必要なライセンス及び、Intelコンパイラを含めたお見積りとなっております。

なお、Intelコンパイラに関しましては、特定ユーザーライセンスx1を選定しております。フローティング利用が必要な場合は別途ご相談ください。
(特定ユーザーライセンス/フローティング・ライセンスに関するご参考 : https://www.xlsoft.com/)

主な仕様

CPU Xeon Gold 6126 (2.60GHz 12コア) x4 (合計48コア)
メモリ 384GB (ECC REG 16GBx24)
ストレージ 960GB SSD Intel DC S-ATAx8 (RAID5)
※ハードウェアRAIDカード
ネットワーク GigabitLANx4
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 (幅 437 x 高さ89 x 奥行 780 mm)
+ 1600W リダンダンド電源
OS Microsoft Windows Server 2016 STD 16Core + 追加ライセンス:32 Core
その他 ・Parallel Studio XE 2019 Composer Edition for Fortran & C++
– Windows 商用特定ユーザーライセンス
・Windows Rmt Dsktp Services User CAL Open Business x5
・Windows Server User CAL 2019 Open Business x5
事例追加日:2019/8/16
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。