事例No.PC-10046
参考価格:
2,139,500

Gaussian向けマシン

用途:量子化学計算ソフト 「Gaussian」

お客さまからのご相談内容

量子化学計算ソフト Gaussian用の計算サーバーが欲しい。
GaussianとGromacsができるだけ高速に動くマシンが希望で、予算は200万円程度を想定している。
具体的には、以下のスペックと同等の構成が理想。

CPU:Xeon Gold 6354 (18core 3.0GHz 205W) x2
メモリ:256GB
SSD:960GB SATA x2 システム用とバックアップ用に1台ずつ
GPU:NVIDIA RTX A6000 x2
OS:AlmaLinux 8.3

なお、GromacsはGPUでの運用を、GaussianはCPUでの運用を検討している。

テガラからのご提案

ご予算に対応させるためGPUの台数を1台とし、CPUもコア数の少ない製品に変更した構成をご提案しました。

Gromacsは、メーカーにて特定のGPUモデルが指定されていないため、RTX A6000でも利用可能と考えられますが、もう一方のGaussian 16のGPGPUはRTX A6000を公式サポートしていません。
Gaussian 16でサポートされているのは、V100やA100といった倍精度演算に対応したGPGPU専用カードのみとなっています。

A6000での動作に関してお客さま側で情報をお持ちであれば問題ありませんが、そうでない場合はGPUの選択を見直していただいたくのが良いかもしれません。

なお、GPUをサポート対象のA100に変更する場合、カード仕様との兼ね合いからベース構成を変更する必要があります。
Gaussian 16ではCPU実行のみ利用する場合、GPUの選択はGaussian 16の動作に影響しません。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア) x2
メモリ 256GB REG ECC
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A6000
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー筐体 + 1200W
OS AlmaLinux 8.3
その他 CUDA Toolkit 11

 

本事例はRADIC 2CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2022/07/30
事例No.PC-10004
参考価格:
955,900

メタゲノム解析用マシン

用途:メタゲノム解析 (HMMER)

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-7673Aを見ての問い合わせ。メタゲノム解析用のマシンの導入を検討している。
隠れマルコフモデルを使用したバイオシーケンス分析を行うソフトウェア HMMER を、高速で動かすことのできるマシンを提案して欲しい。
想定しているスペック・条件は以下の通り。

CPU: x86系
メモリ: 128GB以上
SSD: 2TB 以上
HDD : 10TB 以上
OS: Ubuntu
予算: 100万円程度

テガラからのご提案

事例No.PC-7673Aの構成を踏まえつつ、ご予算と指定の要件に合わせて改めて検討しました。

OSは現時点で正式にリリースされている最新のLTSとして、Ubuntu 20.04を選択しています。
また、CPUにはPC-7673Aよりも新しい第3世代 Xeon Scalableを選択しています。
CPUのモデルやその他のスペックは、ご予算に合わせた暫定での構成として選択しています。お客様ごとのご要望・条件に合わせて検討しますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Silver 4316 (2.30GHz 20コア)×2
メモリ 128GB REG ECC
ストレージ1 2TB SSD S-ATA
ストレージ2 10TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04

本事例はRADIC 2CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2022/07/26
事例No.PC-9959
参考価格:
1,809,500

電磁界解析・光線追跡用ワークステーション

用途:電磁界解析 (FullWAVE / DiffractMOD) 、光線追跡 (LightTools)

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-7243を見ての問い合わせ。
FullWAVEやDiffractMODを用いた電磁界解析に加え、LightToolsを用いた光線追跡を高速に計算できるマシンが欲しい。
予算は250万円程度を想定しており、設置環境の都合から高さ50cm以下、奥行50cm以下のサイズを希望する。

テガラからのご提案

事例No.PC-7243の構成は現在も提供可能ですが、CPUはより安価でコア数の多い後継製品が発売されています。
本構成は、PC-7243をベースにしつつ、CPUを後継品に変更したスペックです。CPUのベースクロックは若干低下しますが、PC-7243よりもCPUコア数が増加しています。
また、64を超えるスレッド数をより有効に扱うことができるよう、OSはWindows 10 Pro for Workstationに変更しています。

筐体サイズは奥行きが560mmであり、ご要望の50cmの範囲を超えています。
この筐体自体は、2ソケット構成に対応した他の製品と比較するとそれほど大きくないものですが、現状ですと両辺が50cmに収まる筐体は、ほとんど選択肢がありません。そのため、設置環境の見直し・調整などをご検討いただいています。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6248R (3.00GHz 24コア)×2
メモリ 384GB REG ECC
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1000W
OS Windows 10 Pro for Workstation 64bit
その他 増設用内部ファン 12cm

本事例はRADIC 2CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

 

<p><span style=”font-size: small; color: #808080;”>検索キーワード<br />
computer simulation,integrating sphere,LightTools,LightTools code,Light guide,Photon transmission efficiency,Visible Light Communication(VLC),Signal-to-interference-noise ratio(SINR),freeform optics,illumination design,light emitting diodes,light scattering,micro-optics,Monte Carlo methods,optical design techniques,optical elements,optical engineering computing,ray tracing</span></p>

事例追加日:2022/07/26
事例No.PC-9948
参考価格:
6,600,000

電波干渉回避技術開発用マシン

用途:MATLAB、Parallel Computing Toolbox (parfor)

お客さまからのご相談内容

電波干渉回避技術を開発するためのマシンを検討している。具体的には、数値解析ソフトウェア MATLAB Parallel Computing Toolbox (parfor) を高速で処理できるマシンが必要。予算500万~700万円程度で提案してほしい。

テガラからのご提案

Parallel Computing Toolbox (parfor) におけるマルチコアプロセッサを使用した並列処理を最適化するため、AMD EPYC 2CPU搭載のラックマウント構成をご提案しました。CPUコア数はシステム合計128コアとなります。

本構成は現状1ノードで実現できる最大のコア数です。
メモリ容量については特にご指定いただいておりませんが、CPUコア数が多いため、それに見合った容量を確保しています。

なお、AMD EPYCはデスクトップ向けWindowsをサポートしていません。
そのため、OSはMatlab 2022a、AMD EPYC双方がサポートしているWindows Server 2019としています。
Linuxへの変更も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

主な仕様

CPU EPYC 7763 (2.45GHz 64コア) x2
メモリ 1TB REG ECC
ストレージ 1.92TB SSD U.2 NVMe
ビデオ NVIDIA P400
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 2Uラックマウント + 1600W/1000W リダンダント電源
OS Windows Server 2019 Standard 16C
その他 Windows Server 2019 追加コアライセンス 16C x7
事例追加日:2022/07/04
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。