海外製品最適化PCの製作サービス – MAGMA の例

 

MAGMA Computational Algebra Systemは、オーストラリアのシドニー大学のグループにより開発・販売されている数式処理システム(CAS)です。数ある数式処理システムの中でも代数計算に強く、計算速度の速さにも定評があることから、 世界中の数学者、代数学研究者に利用されています。

弊社ではこのMAGMAでの計算に最適化した構成のPCをお客様のご要望に合わせてオーダーメイド製作しご提供しております。

テガラのMAGMA最適化マシンの特徴

PCと併せてMAGMAライセンスのご購入も可能です

弊社の研究開発者向け海外製品調達サービス「ユニポス」でMAGMAを取り扱っております。
ライセンスを弊社でご購入の場合、MAGMAのインストールと動作確認を行ったうえでお届けいたします。

国内の有力な研究者様への納入と、長期運用実績を有しています

長年にわたる研究者様へのPCのご提供やサポート、また実際に弊社でMAGMAの動作を検証することでMAGMAの高速化に関するノウハウを蓄積してきました。

シドニー大学のサンプルプログラムを用いてベンチマークテストを行っています

シドニー大学の提供するサンプルプログラムを用いて計算速度のハードウェアベンチマークテストを行い、検証結果のデータを公開しています。
【参考】現行CPU、CPUオーバークロックにおける「MAGMA」の実行時間測定・比較

 

MAGMA最適化マシン ハードウェア構成検討のポイント

ポイント:
・MAGMAでは、1つの計算に対して1スレッド (1コア)しか利用しないものが大多数です
・搭載コア数分は複数の計算を同時に走らせることができます
・Windows OSの場合32-bit版のみの対応のためメモリ搭載数に制限があります

MAGMAの使用方法や重視する点により、構成が異なってきます

 

例1: 走らせる計算はひとつ。とにかくその計算を早くしたい

MAGMAでの計算においては、ひとつの計算につき1スレッド(1コア)しか利用しないことが多いため、CPUはコア数ではなくクロックの高いものを選択することが、計算速度向上に対する重要な要素となります。

本ページでご紹介している弊社製MAGMA専用PCのポイントとしては、クロックをさらに引き上げるために、Intel製のCPUを採用しております。これは計算に1コアしか使わない場合には自動的にクロックを引き上げる「TurboBoost」機能を利用することを前提としております。CPUのTurboBoost時のクロックが高ければ、さらなる計算速度の向上が期待できます。
また、オプションとしてOverClock設定を施すことでさらなるクロックアップのご要望にも対応可能です(ただしOverClockの設定にはご提供可能な仕様や保証期間に条件があります)。

例2: 複数の計算を実施する必要がある

コア数の多いマシンであればその搭載コア数に応じて、複数の計算を同時に走らせることができます。ただし複数の計算を実施する=複数のコアを使う場合には上記のTurboBoost機能が働かないため、ひとつひとつの計算速度はやや落ちます。しかし直列で計算させるよりも、並列で実行する方が早く計算を完走させることができます。

なおMAGMAとその他の計算を並列で実行することも可能ですので、さまざまな処理を一台のマシンで実施するようなご利用方法を想定される場合、コア数およびメモリの多いマシンをおすすめいたします。

このようにお客様のご利用方法により最適なハードウェアの構成も異なってまいります。
ヒアリングにより最適な構成をご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問合せください。

 

MAGMA推奨構成事例

2017.5.24 構成事例 4 : 性能重視 (新)を追加しました
・ 構成事例1~3につきましては、2013年2月の時点の情報となります。
・ 安定性重視、並列動作重視の最新構成につきましては、お問い合わせください。

MAGMAでの計算において大多数である1コアのみ利用して計算した場合の性能めやすを、グラフとして参考掲載しました。
搭載コア数分は複数の計算を同時に走らせることが出来ますが、その分1コアしか使わない場合に自動的に動作クロックを引き上げTurboBoost機能が働かないため、計算速度はやや落ちます (構成事例3はTurboBoost機能を備えておりません)。
ご予算や利用形態に応じてご希望の構成をお選びください。

 

事例No.PC-4547

MAGMA構成事例4:性能重視 (新)

用途:特定ソフトウェア最適化(MAGMA)
参考価格:308,000

弊社にてCPUオーバークロック設定、調整を行ったうえで出荷いたします (専用ルームにて負荷・温度テストを行い、安定稼働を確認したうえでの出荷となります)。

とにかくCPU性能が重要、マルチコアよりも、シングルコアでの周波数が重要なソフトウェアを利用する、という場面での処理速度向上に有効と思われます。

主な仕様

CPU Core i7 7700K (5GHz OC設定済 4コア)
メモリ 64GB
ストレージ 250GB SSD (S-ATA)
ネットワーク GigabitLANx2
ビデオ HD6450
筐体+電源 ミドルタワー型筐体 (232x451x521mm) + 850W電源
OS CentOS 64bit

事例追加日:2017/5/11
事例No. PC-MGM001

MAGMA構成事例1:安定性重視

用途:特定ソフトウェア最適化(MAGMA)
参考価格:198,000

安定性と定格動作、コストパフォーマンスを重視した、Xeon 4コア メモリ8GBの構成事例です。1スレッドでの計算でTurboBoostが機能すれば最大4.0GHzで動作します。

OSはLinuxですが、Windowsへの変更も可能です (Windows版MAGMAは32bit限定のため、利用できるメモリ容量が制限されます)。

主な仕様

CPU Xeon E3-1280v2 (3.60GHz 4コア)
メモリ 8GB
ストレージ HDD 500GB
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (202x440x485 mm) +600W電源
OS CentOS 64bit

事例追加日:2013/2/10
事例No.PC-MGM002

MAGMA構成事例2:性能重視

用途:特定ソフトウェア最適化(MAGMA)
参考価格:498,000

最高性能を重視した、Core i7 6コア メモリ64GBの構成事例です。+4万円のオプションでオーバークロック設定を施すことで、4GHz以上のクロックで安定動作し、計算速度は最速を誇ります。

また、比較的安価に大量のメモリを搭載できます。

主な仕様

CPU Core i7 3970X (3.50GHz 6コア) TurboBoost時最大4.0GHz
メモリ 64GB
ストレージ HDD 500GB
ネットワーク GigabitLAN x3
ビデオ Geforce GT 620 1GB
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (202x440x485 mm) +600W電源
OS CentOS 64bit

事例追加日:2013/2/10
事例No.PC-MGM003

MAGMA構成事例3:並列動作重視

用途:特定ソフトウェア最適化(MAGMA)
参考価格:940,000

6コアのXeonを2個、メモリを144GB搭載した並列計算に適した構成事例です。

1スレッドでの計算速度は他の3事例に及びませんが、複数の計算を並列して走らせる場合、直列で計算させるよりも早く完走させることができます。また、MAGMAと他の計算を並列で実行することもできます。

主な仕様

CPU Xeon X5690 (3.46GHz 6コア)×2 合計12コア
メモリ 144GB
ストレージ HDD 500GB
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー型筐体 (452x178x647 mm)+920W電源
OS CentOS 64bit

事例追加日:2013/2/10