事例No.PC-9226
参考価格:
1,452,000

気象環境・流体シミュレーション用マシン

用途:WRF-Chem、OpenFOAM

お客さまからのご相談内容

WRF-Chemを用いた気象環境シミュレーションとOpenFOAMを用いた流体シミュレーションを行うためのマシンを導入したい。
CPUはXeonを希望で、WRFをインストールする都合上、OSはRedhatもしくはCentOS系がいいと考えている。
予算は160万円程度。
現在、2コア仕様のXeon ×8台でのLinuxクラスタ (13年ほど前に導入) を使用しているので、それを上回る性能のマシンが望ましい。

テガラからのご提案

現在ご利用のクラスタは1ノードあたり2コアですので、8ノード分のCPUコアを確保するだけであれば、1CPU構成でも対応可能です。本件ではご予算に余裕がありますので、既存マシンの2倍の 2ソケット 32コア構成 としています。

なお、既存マシンについてはノードあたりのメモリ搭載量が不明でしたが、世代を考慮すると多くても1ノードあたり32GB程度だと推測されます。そのため、本構成では、32GB ×8台分の2倍となる512GBのメモリを搭載しています。

CPUコアとメモリのバランスについては、現在のクラスタの構成と比較しつつご検討いただく想定ですので、ご要望に合わせて変更いたします。

その他の構成は暫定的なものとしていますが、ビデオカードはWRF-Chemがポスト処理で解析結果の可視化を行うことができるため、ある程度の性能を持ったエントリークラスの製品を選択しています。
WRF-ChemはLinuxディストリビューションに依存しないソフトウェアだと思われますので、本構成ではUbuntu 20.04としています。また、OpenFOAMはUbuntuで簡便にインストールできます。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア) ×2
メモリ 512GB ECC REG
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T1000
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー筐体 + 1000W
OS Ubuntu 20.04
その他 Intel oneAPI(Base Toolkit + HPC Toolkit) Free版

 

事例追加日:2021/10/18
事例No.PC-9134B
参考価格:
550,000

WIEN2k用マシン スタンダード構成

用途:固体の電子構造計算プログラム、WIEN2k

DFT法 (密度汎関数法)を用いた固体の電子構造計算プログラムパッケージ「WIEN2k」を用いて、バンド構造計算を行うことを想定した構成例です。

本構成はWIEN2kのご利用において、ご予算50万円である程度の並列性能を確保したスペックとして構成しました。
WIEN2kでは並列性能が非常に重要となるため、ご予算内でコア数を優先した構成としています。
また、1コアあたり4GB程度のメインメモリを確保することが推奨されているため、メモリ容量は合計128GBとしました。

本構成からスペックアップした構成はこちらをご参照ください。
PC-9134C(WIEN2k用マシン おすすめ構成)

また、WIEN2kの詳細はこちらをご参照ください。
■WIEN2k プログラム作成元 WEBサイト
■研究開発者向け海外製品調達・コンサルテーションサービス ユニポス 「WIEN2k」

 

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 10980XE (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board(10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04

 

WIEN2kライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

【参考情報】マテリアル(物質・材料・デバイス)に関連する特集記事

事例追加日:2021/10/04
事例No.PC-9134A
参考価格:
258,500

WIEN2k用マシン エントリー構成

用途:固体の電子構造計算プログラム、WIEN2k

DFT法 (密度汎関数法)を用いた固体の電子構造計算プログラムパッケージ「WIEN2k」を用いて、バンド構造計算を行うことを想定した構成例です。

本構成はエントリーモデルという立ち位置でのスペック例であり、WIEN2kにおける最小スペックという考え方で構成しています。
WIEN2kの利用では、「CPU:Core i 7 or i9、メモリ:32GB」が1つの基準となりますので、それにあわせた構成例です。

本構成からスペックアップした構成はこちらをご参照ください。
PC-9134B(WIEN2k用マシン スタンダード構成)
PC-9134C(WIEN2k用マシン おすすめ構成)

また、WIEN2kの詳細はこちらをご参照ください。
■WIEN2k プログラム作成元 WEBサイト
■研究開発者向け海外製品調達・コンサルテーションサービス ユニポス 「WIEN2k」

 

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i7 11700K (3.60GHz 8コア)
メモリ 32GB
ストレージ 500GB SSD S-ATA
ビデオ on board (DPx1 HDMIx1)
ネットワーク on board(2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

WIEN2kライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

【参考情報】マテリアル(物質・材料・デバイス)に関連する特集記事

事例追加日:2021/10/04
事例No.PC-9134C
参考価格:
1,013,100

WIEN2k用マシン おすすめ構成

用途:固体の電子構造計算プログラム、WIEN2k

DFT法 (密度汎関数法)を用いた固体の電子構造計算プログラムパッケージ「WIEN2k」を用いて、バンド構造計算を行うことを想定した構成例です。

本構成はWIEN2kのご利用において、ご予算100万円で並列性能を優先したスペックとして構成しました。
WIEN2kでは並列性能が非常に重要となるため、16コアCPUを2つ搭載し合計32コアとしています。
また、1コアあたり4GB程度のメインメモリを確保することが推奨されているため、メモリ容量は合計128GBとしました。

更に並列化を活かした構成のご提案も可能ですので、ご希望に応じてご相談ください。

なお、WIEN2kの詳細はこちらをご参照ください。
■WIEN2k プログラム作成元 WEBサイト
■研究開発者向け海外製品調達・コンサルテーションサービス ユニポス 「WIEN2k」

 

本構成にプラスして、ライセンスの販売・インストールした状態での出荷も承っております。
ご予算・追加条件など、ご要望にあわせたカスタマイズにつきましても、お気軽にご相談ください。

※本構成よりもコストを抑えた構成もございます。
PC-9134A(WIEN2k用マシン エントリー構成)
PC-9134B(WIEN2k用マシン スタンダード構成)

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア)×2
メモリ 128GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1000W
OS Ubuntu 20.04

 

WIEN2kライセンスのみのご購入をご希望の場合には、こちらをご確認ください。

【参考情報】マテリアル(物質・材料・デバイス)に関連する特集記事

事例追加日:2021/10/04
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。