事例No.PC-9867
参考価格:
941,600

3Dモデル処理用ワークステーション

用途:BIM (ClassNK-PEERLESS、Revit、Autodesk Inventor、Rebro)

お客さまからのご相談内容

BIM (Building Information Modeling) を用いて建設計画を行うため、新たにワークステーションを導入したい。
1台のワークステーションに部門内すべてのモデリングデータを集約し、Revit、Rebroでの建築・設備設計や、データを管理したいと考えている。
扱うモデルのデータ容量は500GB程度で、オカレンス数は120,000。3Dモデルデータの変換や点群の編集用データ変換を高速に処理できるマシンを提案してほしい。

テガラからのご提案

ハードウェア構成の検討においては、Revitでレンダリングまで行うかどうかがポイントになります。
確認できた範囲での情報では、Revitの推奨スペックはレンダリングする場合のみコア数・GPUともに飛び抜けて高いスペックが必要とされています。反対に、レンダリングを行わない場合は、あまりコア数が有効でないと考えられます。

本事例ではレンダリングを加味せず、価格のバランスを考慮したスペックとしています。
その他、データを集約するためのストレージとして、Dドライブに16TBのHDDを搭載していますが、ご要望に応じて変更が可能ですのでお気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900K (3.20GHz 8コア + 2.4GHz 8コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 4TB SSD M.2
ストレージ2 16TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A4500
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー型筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit
事例追加日:2022/07/04
事例No.PC-10044
参考価格:
457,600

MadMapper用マシン

用途:プロジェクションマッピングソフトウェア「MadMapper」の利用

プロジェクションマッピングソフトウェア 「MadMapper」の利用に適したマシンの構成案です。

価格面での導入のしやすさを念頭に置きつつ、MadMapper公式サイトで公開されている動作要件をクリアした構成としています。
■General questions MadMapperのメーカーページへ移行します

使用感に直結するCPUとストレージは相対的に高スペックなものを採用しており、特にSSDはクリエイティブ用途で快適に作業が行えるよう、速度の速いM.2タイプの製品としています。
その他、メモリとビデオカードは要件を満たすラインを基準に検討していますが、ご要望に合わせて変更が可能です。
大規模なプロジェクトを扱う場合、CPUやストレージ以外のスペックアップが必要な場合がありますので、ご相談いただけますと幸いです。

なお、グラフィカルな要素の強いソフトウェアに向けたマシンのため、事例ではディスプレイを含めた構成としています。

MadMapperは弊社海外製品調達サービス ユニポスにてお求めいただけます。
PCと合わせてご案内も可能ですので、お問い合わせの際にご用命ください。
また、インストールした状態での出荷も可能です。お気軽にお問い合わせください。

MadMapper製品ページはこちらをご覧ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900K (3.20GHz 8コア + 2.40GHz 8コア)
メモリ 16GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3060
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 10 Professional 64bit
その他 23.8型ワイド FullHD 液晶ディスプレイ
事例追加日:2022/06/20
事例No.PC-10063
参考価格:
603,900

RealityCapture用マシン

用途:フォトグラメトリ用ソフトウェア「RealityCapture」

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-8962Bを見ての問い合わせ。
写真から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ用ソフトウェアRealityCaptureを用いて遺構や遺物のSfMが行えるマシンを導入したい。

RealityCapture以外にもAdobe Creative CloudやZoom、Metashapeの使用も予定している。
ドローンを利用するような大掛かりなものは想定していないので、予算60万円程度で構成を提案してほしい。

テガラからのご提案

RealityCaptureとMetashapeを比較すると、RealityCapture側はアルゴリズム上メモリ要求が少ない反面、ストレージへのアクセスが多くなるため、ストレージ速度が重要になります。
そのため、メモリ容量の上限よりもストレージ速度を重視し、CPUを最新世代とすることで、全体的に速度アップした仕様としています。

本構成のCPUはIntel製デスクトップ系の最上位品ですので、一般的なOA用途においては十分なメモリ容量となっています。そのため、オフィス系ソフトで処理が遅いと感じることはほぼないものと思われます。
ただし、ストレージは速度優先での選定としていますので、容量自体はあまり大きくありません。PC上に置くデータ量にご注意ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900K (3.20GHz 8コア + 2.40GHz 8コア)
メモリ 64GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

【関連情報】

■RealityCapture
画像から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ・ソフトウェア ※ユニポスはメーカー認定リセラーです

■Metashape
写真(静止画像)から高品質な3Dモデルを構築できるソフトウェア。 ※ユニポスはメーカー認定リセラーです

事例追加日:2022/06/15
事例No.PC-10045
参考価格:
470,800

Dragonframe用マシン

用途:ストップモーションアニメ制作ソフト「Dragonframe」の利用

デジタル画像キャプチャソフトウェア「Dragonframe」を快適に利用するための構成案です。Dragonframeでのストップモーションアニメ制作に特化した専用マシンを検討しました。スペックとしては、Dragonframe公式サイトに掲載されている動作要件をクリアした内容となっています。

■FREQUENTLY ASKED QUESTIONS ※Dragonframeのメーカーページへ移行します

導入しやすい価格でかつ快適に作業が行えるよう、各スペックは上記メーカーページに記載のあるSystem Requirements以上としています。特にCPUとストレージのスペックは使用感に直結するため、できる限りスペックの高いものを選定しています。

メモリとビデオカードは動作要件を満たすラインを基準とした選定です。大規模なプロジェクトを扱う場合には、これらのスペックアップが必要な場合がありますので、お問い合わせの際にお知らせください。

ご購入の際には、DragonFrameとDragonFrame用PCをセットでご提供することが可能です。
またインストールした状態での出荷やオプションのご用意も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

最新版 Dragonframe 5 リリース情報はこちらをご覧ください。
DragonFrame製品ページはこちらをご覧ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900K (3.20GHz 8コア + 2.40GHz 8コア)
メモリ 32GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3060
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 10 Professional 64bit
その他 23.8型ワイド FullHD 液晶ディスプレイ
事例追加日:2022/06/15
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。