他の事例をお探しの方は「PC提案事例の検索」をしてみてください。

事例No.PC-9207
参考価格:
622,600

有限要素法シミュレーション用マシン

用途:COMSOL、有限要素法シミュレーション

お客さまからのご相談内容

COMSOLを用いた有限要素法シミュレーションを行うためのマシンが欲しい。
予算60万~70万円の範囲での提案を希望。

テガラからのご提案

COMSOLの公式情報を確認しますと、最も重要な項目はメモリであると記載されています。
メモリを最優先に場合は、Xeonを用いた2CPU構成などが候補になりますが、ご予算の範囲ですと他のスペックへのしわ寄せが大きくなってしまいます。そのため、COMSOLの推奨ハードウェアに関するページにおいて「Mid-range CPU」として挙げられている中からCPUを選定した構成としました。

■What hardware do you recommend for COMSOL Multiphysics?

メモリ容量は最大値が256GBですが、70万円の範囲では最大まで搭載することが難しいため、128GBとして将来的に追加できる余地を残しています。
ストレージとビデオカードは、ひとまずの容量・製品を選定しています。ビデオカードはモデルの複雑さによってビデオメモリ容量が多いほど良いとされていますが、NVIDIA T600よりも1つ上のランクであるT1000も4Gであり、ビデオメモリ容量を増やそうとするとご予算面での問題が生じてしまうため、コスト優先の選定としています。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3960X (3.80GHz 24コア)
メモリ 128GB
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600 4GB
ネットワーク on board(10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1 )
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/09/10
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。