事例No.PC-9207
参考価格:
622,600

有限要素法シミュレーション用マシン

用途:COMSOL、有限要素法シミュレーション

お客さまからのご相談内容

COMSOLを用いた有限要素法シミュレーションを行うためのマシンが欲しい。
予算60万~70万円の範囲での提案を希望。

テガラからのご提案

COMSOLの公式情報を確認しますと、最も重要な項目はメモリであると記載されています。
メモリを最優先に場合は、Xeonを用いた2CPU構成などが候補になりますが、ご予算の範囲ですと他のスペックへのしわ寄せが大きくなってしまいます。そのため、COMSOLの推奨ハードウェアに関するページにおいて「Mid-range CPU」として挙げられている中からCPUを選定した構成としました。

■What hardware do you recommend for COMSOL Multiphysics?

メモリ容量は最大値が256GBですが、70万円の範囲では最大まで搭載することが難しいため、128GBとして将来的に追加できる余地を残しています。
ストレージとビデオカードは、ひとまずの容量・製品を選定しています。ビデオカードはモデルの複雑さによってビデオメモリ容量が多いほど良いとされていますが、NVIDIA T600よりも1つ上のランクであるT1000も4Gであり、ビデオメモリ容量を増やそうとするとご予算面での問題が生じてしまうため、コスト優先の選定としています。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3960X (3.80GHz 24コア)
メモリ 128GB
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T600 4GB
ネットワーク on board(10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1 )
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/09/10
事例No.PC-9133B
参考価格:
754,600

Stata/MP 32コア用マシン

用途:統計ソフトウェア、Stata

データ分析、データ管理、図表生成などの機能を備えた統合統計ソフトウェアStataを用いて統計分析を行うことを想定した構成例です。

本構成はStata/MP にて32コアライセンスを使用して統計分析を実施することを想定したスペックとなります。
32コアの並列処理を実現するためAMD Ryzen Threadripperを採用いたしました。
また、データ量も大きくなることを想定し高速なM.2 SSDを採用しています。

本事例にはStataのライセンスが含まれておりません。
Stataは使用されるライセンスによって価格が変わりますので、マシン本体と一緒に購入される場合にはライセンスの種類・使用されるコア数をご指定ください。
https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
※インストールした状態での出荷も可能です。

なお、その他のコアライセンスをご検討の場合には、コアライセンスに合わせてカスタマイズも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3970X(3.70GHz 32コア)
メモリ 128GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400 2GB
ネットワーク on board(10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1 )
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/08/31
事例No.PC-9006
参考価格:
724,900

森林3D地図作成システム用マシン

用途:Digital Forest、森林計測

お客さまからのご相談内容

森林3D地図作成システム「Digital Forest」を使用するためのマシンを希望。
3Dレーザースキャナおよびカラーカメラによる森林計測の測定結果を解析し、樹木個体の位置情報とその個体サイズを目録のように管理する用途だが、システム側の動作要件が示されていないため最適な構成を検討することができない。そのため、システムの利用に適した構成を確認の上、見積もって欲しい。
予算は80万円程度を想定。

テガラからのご提案

ご利用予定の3D地図作成システムについては動作要件が不明でしたので、お客様の了承を得た上でソフトメーカー様へコンタクトを取り、必要スペックを確認しました。その上で、ご予算上限に近いスペックで検討した構成となります。

システム側は、ほとんどのマシンで動作するものではありつつも、基本スペックが高いほど処理能力が向上し、特にCPUコア数とSSDの速度が重要となります。そのため、ご予算内で可能な限りスペックを向上させてご提案しています。
ストレージについては、OS用とデータ用の両方をSSDとしており、OS用SSDはNVMeタイプです。そのため、Cドライブにデータをおいて利用する形が速度面で最もメリットがありますが、容量との兼ね合いにもなるため運用方法と照らし合わせてご検討ください。

主な仕様

CPU Ryzen Threadripper3 3960X (3.80GHz 24コア)
メモリ 64GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD S-ATA
ビデオ Quadro T1000
ネットワーク on board (10Gigabit x1 / 2.5Gigabit x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 +850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/07/21
事例No.PC-8918
参考価格:
940,500

埋蔵文化財発掘調査および遺物実測用マシン

用途:文化財発掘調査、遺物実測、Metashape、SfM

お客さまからのご相談内容

埋蔵文化財の発掘調査および遺物実測を行うためのマシンを希望。
Metashapeでの写真処理を予定しているため、ソフトもインストールした状態で出荷して欲しい。
1,200万画素の写真を500~1000枚程度処理することを想定しており、オルソ画像の作成ができるだけ高速に完了させたい。

テガラからのご提案

事例No.PC-PS001をご覧いただいた上でのお問い合わせでしたので、PC-PS001よりも処理速度面でメリットのある現行構成としてご提案しました。

メモリ容量については、PC-PS001と同様に「Height-field mode」を前提とした処理としています。出土品単体のモデリングなど(Arbitrary mode)で500~1000枚を扱う場合には、メモリ容量をオーバーすると思われますので、ご注意いただけますようお願いいたします。

■参考情報:Agisoft Memory requirements for processing operations

なお、本事例の構成はマシン本体+Metashapeライセンスを組み合わせた内容でのご提案です。
マシン本体のみ、またはMetashapeライセンスのみのご提供も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Ryzen9 5900X (3.70GHz 12コア)
メモリ 64GB
ストレージ1 500GB SSD M.2
ストレージ2 2TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 Agisoft Metashape Professional Edition Node-Locked License

 

「Metashape」の検証に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

事例追加日:2021/06/25
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。