他の事例をお探しの方は「PC提案事例の検索」をしてみてください。

事例No.PC-9965
参考価格:
529,100

ビデオ監視・アクセスコントロール用マシン

用途:Axis Camera Station

お客さまからのご相談内容

ビデオ監視とアクセスコントロールを行う管理ソフトウェア「Axis Camera Station」を使用するためのマシンを導入したい。接続するカメラは全部で24台。希望するスペック条件は以下の通りで、24時間稼働での利用を想定。

CPU:8コア16スレッド
メモリ:16GB
ストレージ:OS用のSSDとデータ用のHDD 10TB (RAID1構成)
GPU:4Kディスプレイ x3画面接続できること

テガラからのご提案

CPUは8コア16スレッド仕様でかつ24時間稼働の条件を踏まえ、産業用途向けのEmbedded仕様としています。
4Kトリプルモニタ (3画面) 出力という点から、Mini DisplayPortを4ポート搭載したビデオカード A2000としました。これに関連して、同系統の構成で標準的に採用しているニプロン製350W電源では容量に余裕がないため、1つ上の550Wとしています。

AXIS Camera Stationのハードウェアガイドラインは、送られてくるデータ速度によって仕様が分かれています。本構成は、クライアント側のスペックレベルで見ると “最大300メガビット/秒” クラスのクライアントに相当する能力を上回る内容となっています。

■AXIS ハードウェアのガイドライン ※メーカーページへ移行します

ただし、上記のガイドラインでは「HDD速度」について言及されていません。
ご案内の構成はHDDでのRAID1 (ミラーリング) 仕様ですので、ストレージの速度がボトルネックになる可能性があります。特に、高いビットレートを求められる場合は、オンボードではなくカードタイプのRAIDへ仕様変更するといった対応が必要になる可能性があります。

主な仕様

CPU Core i7 10700E (2.90GHz 8コア)
メモリ 16GB
ストレージ1 480GB SSD S-ATA
ストレージ2 10TB HDD S-ATA x2 (RAID1)
ビデオ NVIDIA RTX A2000
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x2)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + ニプロン製550W
OS Microsoft Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64bit
その他 リムーバブルケージ x2

【関連商品】

■Cayuga (S50/S100/Infinity)
ネットワークベースのビデオ管理ソフトウェア
■Elecard ビデオ分析ソフトウェア
映像品質の分析や映像圧縮最適化のためのプロフェッショナル向けツール

※研究開発者向け海外製品調達・コンサルテーションサービス UNIPOS へ移行します

事例追加日:2022/05/30
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。