他の事例をお探しの方は「PC提案事例の検索」をしてみてください。

事例No.PC-10103
参考価格:
611,600

第一原理量子化学計算用マシン

用途:Vienna ab initio simulation package (VASP) V.6以降、Quantum Espresso

お客さまからのご相談内容

第一原理量子化学計算を行うための計算科学ソフト「Vienna ab initio simulation package (略称:VASPA) 」を使用するためのマシンが欲しい。希望するスペックは以下の通り。

CPU:32コア以上
メモリ:100GB以上
ストレージ:SSD 1TB
OS:Ubuntu 20.04

テガラからのご提案

頂戴したご希望に合わせて構成を検討しました。
物理コア数が18コアのXeonを選定していますので、Hyper-Threading (1つのコアで並行して2つの命令を実行できる技術) により論理コア数は36コアとなります。もし、ご用途に対し32コア以上の物理コア数を必要とする場合は、構成を変更する必要があります。
その他のスペックは、お客様のご希望に合わせて選定していますので、構成の見直しをご希望の際にはお気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon W-2295 (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB
ストレージ 1TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Ubuntu 20.04

本事例はRADIC 1CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2022/06/10
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。