事例No.PC-7872
参考価格:
518,000

PCI Express拡張カード7枚搭載の検査用PC例

用途:品質管理、複数拡張カード搭載

お客さまからのご相談内容

補助電源供給が必要な拡張カードを7枚搭載できるPCを検討している。

PCI-E 6ピン電源供給タイプの拡張カードと、4ピンペリフェラル電源供給タイプのカードをそれぞれ利用しており、それぞれのカードが7枚搭載された状態で確実に動作することを確認したうえで、購入を検討したい。

テガラからのご提案

お客様よりご利用中の2種類の拡張カード7枚ずつをお借りし、弊社内で動作に問題がないことを確認したうえでご提案をさせていただきました。お客様は I2C衝突をご心配されておりましたが、本構成では衝突を防ぐためのMUXチップが搭載されており、その点も問題がございませんでした。

ご要望に応じ、事前のテストや試作サービスも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

※こちらの事例における 拡張カードの動作確認については、弊社の情報発信WEBメディア「テガカリ」にてサポート事例紹介記事を公開しております。ご参照くださいませ。

【お客様ご指定検証の例】指定PCI-Eカード7本構成の動作確認
(※外部WEBサイト テガカリに移動します)

主な仕様

CPU Xeon Silver 6226R (2.90GHz 16コア)
メモリ 32GB (8GBx4) ECC REG
ストレージ 480GB SSD S-ATA Intel DC
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (200x430x460 mm) + ニプロン電源 連続最大容量 1200W (ピーク1500W)
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 補助電源用追加出力ハーネスケーブル

 

事例追加日:2020/09/10
事例No.PC-7628
参考価格:
2,428,000

NVMe SSDx4運用拡張カード搭載想定の画像検査マシン例

用途:CoaXpress

お客さまからのご相談内容

画像検査用ワークステーションとして、所持している ASRock Ultra Quad M.2 Cardを用いて SSDx4でのRAIDを構築・運用したい。期待する性能が出ているかを事前に確認のうえでの導入を希望。

テガラからのご提案

お客様より想定のPCI-Eカード (ASRock Ultra Quad M.2 Card)をお預かりし、NVMe SSDx4 でのRAID0 を構築、動作に問題がないことを確認したうえでPC構成をご提案をさせていただきました。

本事例においては拡張カードおよび、SSD はお客様からの支給品となりますが、弊社にてご用意することも可能ですので、ご相談ください。

※こちらの事例における RAID0の構築 動作確認については、弊社の情報発信WEBメディア「テガカリ」にてサポート事例紹介記事を公開しております。ご参照くださいませ。

【テグシス】NVMe SSD 4枚でのストレージ動作確認 (RAID0)
(※外部WEBサイト テガカリに移動します)

主な仕様

CPU Xeon W-3245 (3.20GHz 16コア) 
メモリ 32GB ECC REG  (増設可能)
ストレージ 支給品 (Intel 660P 2.0TB NVMe x 4 )
ネットワーク GigabitLAN x 2
ビデオ Quadro GV100
筐体+電源 フルタワー筐体(幅243x高さ532x奥行582mm )
+2000W (100V環境では1200Wまで対応)
OS Windows 10 Pro for Workstation 64bit
その他 専用CPUクーラー、100V対応電源ケーブル
事例追加日:2020/9/8
事例No.PC-7813
参考価格:
405,000

音響解析用ワークステーション例 (予算50万前後)

用途:COMSOL Multiphysics (音響モジュール)

お客さまからのご相談内容

COMSOL Multiphysics の音響モジュールを使用するためのワークステーションを検討したい。Xeon構成がベストだが、納期優先での提案を希望。

テガラからのご提案

Xeon ベースがベストとのことでしたが、お問い合わせをいただいた時点でのXeonの入荷状況が悪く、代替構成でご提案させていただきました。価格帯から選択できるCPUとして AMD Ryzen 系のCPUも候補として挙がりましたが、ご利用予定のソフトウェアはメモリ容量 及び 帯域が重要な要素となりますので、メモリチャンネルが 2chの Ryzenではなく、4ch の Intel Core-X CPU を選択いたしました。

なお、本構成はあくまで音響解析を主としたご利用を想定しておりますので、サウンド機能は一般的なコンピュータ相当となります。リアルタイムでサウンドを扱うための機器が必要な場合はオーディオインターフェースなどを追加することが可能です。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 128GB (32GBx4)
ストレージ SSD 1TB (S-ATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P1000
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +750W
OS Ubuntu 18.04

 

事例追加日:2020/7/17
事例No.PC-6592
参考価格:
5,700,000

4CPU 数値流体解析用ラックマウントサーバー例

用途:Star-CCM+, Abaqus, 熱流体解析

お客さまからのご相談内容

PC-6523 マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例 の改良型の見積もりをお願いします。
Star-CCM+で熱流体解析を複数人で行うためのサーバーを、予算600万程度で検討しています。

テガラからのご提案

お客様と検討を重ねた結果、最終的に4CPUをベースとした構成でのご依頼をいただきましたので、ご要望を反映した以下の仕様構成をご提案致しました。

サーバー本体以外にも、サーバーのバックアップ用にLTOドライブ、またUPSも併せて選定し、現地設置まで対応させていただきました (現地設置のご要望がございましたらお気軽にお問合せください)。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6242 (2.80GHz 16コア) x4 (合計64コア)
メモリ 384GB (16GBx24)ECC REG 
ストレージ システム:960GB SSD S-ATA Intel DC S4510
データ:14TB HDD S-ATA x 2
ビデオ NVIDIA Quadro RTX4000
ネットワーク 10GBase-TX x 4
HBA SAS3008 HBA x 2 (内部1枚 +外部(LTO用)1枚)
筐体+電源 4Uラックマウント筐体 (幅437 x 高さ177 x 奥行876 mm)
+1600Wリダンダント電源 (3+1)
OS OS無し (Windows Server想定)
その他 200V対応UPS、HPE StoreEver LTO-8 Ultrium 30750 テープドライブ
接続ケーブル類
※参考価格は現地設置作業込みの価格となります

 

事例追加日:2020/7/7
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。