他の事例をお探しの方は「PC提案事例の検索」をしてみてください。

事例No.PC-10297
参考価格:
537,900

熱流体解析シミュレーション用マシン

用途:Ansys CFD

お客さまからのご相談内容

卒業研究でCFDを用いるため、シミュレーション用のマシンを探している。
一般的なPCメーカーではカスタムの自由度がマッチせず、必要のないところでオーバースペックになってしまう。
事例No.PC-7841が理想の構成に近いので、更にカスタムできるか相談したい。
また、学校を通しての購入や、1台のみの購入ができるのかも知りたい。
想定しているスペックの条件は以下の通り。

ストレージ1:SSD 256GB (OS用)
ストレージ2:HDD 2TB
仕様ソフト:Ansys CFD

テガラからのご提案

事例No.PC-7841はCPU (Core-X) に対応したマザーボードなどが終息のため、事例に近い構成でCPUが12コアになるよう検討しました。
ビデオカードもQuadro P620が終息のため、同等クラスの現行品としています。

本構成はPC-7841と比較して、CPUスペックやメモリ上限などの面で上位のモデルとなります。
同等以上のスペックであるため、その分金額がUPしております。

コスト優先の場合には、AMD Ryzenの12コア製品を用いた構成にすることで、安価に構築できるかと存じます。
なお、テグシスはご要望の仕様にカスタマイズしたマシンを1台からご提供しており、学校を通してのご購入いただくことも可能です。
ご希望の際には、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon W-2265 (3.50GHz 12コア)
メモリ 64GB
ストレージ1 250GB SSD S-ATA
ストレージ2 2TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク

on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)

筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Microsoft Windows 10 Professional 64bit
TPM TPMモジュール

本事例はRADIC 1CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

検索キーワード
finite element analysis,Seebeck effect,Peltier effect,Thomson effect,physics computing,Robust design,Krylov Subspace,Load Vector,nonlinear model,reinforced concrete structure,material model,concrete beam,engineering practice,nonlinear finite element modeling,cracks,static analysis

事例追加日:2022/08/30
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。