他の事例をお探しの方は「PC提案事例の検索」をしてみてください。

事例No.PC-8595
参考価格:
883,300

海洋モデルシミュレーション用マシン

用途:海洋モデルシミュレーション、FVCOM

お客さまからのご相談内容

海洋モデルFVCOMを使い、Fortranの計算コードを用いたCPU並列計算を行いたい。
CPUは16~32コア、クロック数3.0GHz以上を希望。メモリは128GB以上が望ましい。OSはCentOSをプリインストールして欲しい。予算は80~90万円。

テガラからのご提案

動作クロック3.0GHz以上が条件ですと、現時点では2CPU構成向けのCPUのほとんどが条件から外れてしまうため、ご要望に近い構成を参考見積もりとしてご案内しました。
通常ですとAMD Ryzen Threadripper系の構成も選択肢に入りますが、本件ではIntelのコンパイラを利用すると伺っていたため、CPUも合わせる形でご提案しています。

構成自体は、CPUのベースクロックが3.0GHzに届きませんが、ご予算付近で最もご要望に近い構成です。
マザーボードにはオンボードのビデオ出力がございますが、お客様からのご要望にあわせ、一般的な2D表示であれば問題のないレベルのビデオカードを搭載しています。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6226R (2.90GHz 16コア) x2 (合計32コア)
メモリ 128GB (32GBx4) ECC REG
ストレージ1 500GB SSD SATA
ストレージ2 8TB HDD SATA
ビデオ NVIDIA Quadro P620
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅200 x 高さ430 x 奥行560 mm) +850W
OS CentOS 7

 

事例追加日:2021/3/05
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。