事例No.PC-7799

モンテカルロ法による炉物理計算用WS例 (予算200万前後)

用途:SCALE、ORIGEN、MCNP、PHITSコード
参考価格:2,180,000

お客さまからのご相談内容

モンテカルロ法による原子炉燃料集合体を模擬した全炉心計算用のワークステーションを検討したい。

テガラからのご提案

お客様ご指定の使用予定ソフトウェア、その要件を満たした構成にてご提案いたしました。
ストレージに関してはシステム用のSSD+データ用のHDDの構成とし、データ領域はミラーリング (RAID1) となります。ディスプレイ出力は、ある程度GUIでの操作も快適にするためにビデオカードを搭載しております。なお本構成は1000Base-Tのみ対応となり、10/100Base-Tには対応しておりませんので、ご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8260 (2.40GHz 24コア) x 2 (合計48コア)
メモリ 96GB (16GB x 6) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB (S-ATA)
データ:HDD 1TB x 2 RAID1 (S-ATA)
ビデオ AMD Radeon R5 230
ネットワーク GigabitLANx2 (1000Base-T)
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行647 mm) + 1200W
OS Ubuntu 18.04
その他 MegaRAID (ハードウェアRAIDカード)
追加冷却ファン
「あんしん+」 3年保証
事例追加日:2020/6/8
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。