事例No.PC-4963

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
349,800

車載画像処理システム開発用小型PC (Xeon)

用途:車載用

車両に搭載し画像処理を行うための車載画像処理システム開発用小型PC(CD-1866)の後継機です。CPUにXeon、SSDに M.2 SSD を搭載するといった構成の改良により、ベンチマークでは前モデルよりも倍近いスコア (速度)が出るようになりました。 (ベンチマークレポートはこちら)

前モデルと同様に小型の筐体を採用し、電源は車両のバッテリラインから直接供給を受けられるよう、車載用DC-DCコンバータを搭載しています(ACC電源との連動も可能です)。

主な仕様

CPU Xeon E3-1515Mv5 (2.8GHz 4コア)
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM ECC
ストレージ 250GB SSD S-ATA M.2
ネットワーク GigabitLAN ×4
筐体+電源 車載用小型筐体 (235×80×254 mm)
+ 車載用DC-DC 電源(最大消費電力140W)ACC連動対応
OS Windows 10 Professional 64bit
事例追加日:2017/7/19
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。