事例No.PC-9512
参考価格:
1,766,600

脳画像解析用マシン

用途:SPM、BrainVoyager、DSI studio

お客さまからのご相談内容

予算200万円程度で、脳画像解析用のハイエンドマシンを導入したい。
fMRI (磁気共鳴機能画像法)、DWI (拡散強調画像)などの脳画像データをSPM、BrainVoyager、DSI studioなどのソフトウェアで解析した際に、短時間で処理できる構成を希望。立体像での画像抽出のスムーズさも必要になる。
ハードウェア自体の条件としては、複数のSSDを搭載した構成にしたい。

テガラからのご提案

ご予算200万円以下で、たたき台としての構成を検討しました。
ご利用のソフトであるBrainVoyagerがIntelのMKL (数値演算ライブラリ)を利用していると明記されているため、ベースは全てIntel仕様で統一しています。また、GPUについては、BrainVoyagerがアクセラレートに対応しているため、ご予算内で搭載できる上位製品を採用しています。

SSDは容量に指定がございませんでしたので、ひとまずのご案内として、システム用に2TBとデータ用に4TBを2台搭載した構成です。ご要望に合わせて変更いたしますので、搭載数や容量などに指定がございましたらお知らせください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6230R (2.10GHz 26コア) ×2
メモリ 192GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD S-ATA
ストレージ3 4TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

本事例はRADIC 2CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2021/12/15
事例No.PC-7286

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
496,100

脳画像解析用ワークステーション例 (予算50万)

用途:Matlab (Parallel Computing Toolbox)、SPM、CONN

お客さまからのご相談内容

fMRIの脳画像解析を行うためのワークステーションを検討中。Parallel Processing Toolbox および SPM (CONN toolbox) で、できる限り高速に解析を行うことのできる仕様を希望している。

テガラからのご提案

ご利用いただくソフトウェア環境は並列処理が有効であるため、ご予算の50万円以内でコア数を優先した構成にてご提案させていただきました (18コアのCore i9 10980XE でのご提案)。

※本事例の後継スペックは、PC-8562をご覧ください。

主な仕様

CPU Core i9 10980XE (3.00GHz 18コア)
メモリ 128GB (32GBx4)
ストレージ M.2 SSD 1TB
ビデオ NVIDIA Quadro P620
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +750W
OS Windows 10 Professional 64bit

事例追加日:2019/12/20
事例No.PC-5828

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
518,100

CPUオーバークロック (Core i9構成)例

用途:オーバークロック/MATLAB/SPM/脳画像解析

お客さまからのご相談内容

MATLABを使用し、SPMなどの脳画像解析に特化したPCの購入を検討中。予算内で出来るだけ高速化を図りたいため、オーバークロック設定の事例をCore i9ベースで実現することが可能であればお願いしたい。

テガラからのご提案

ご要望に応じ、Core i9でのオーバークロック仕様を承りました。弊社専用ルームにて調整のうえ、4.60GHzにて安定動作を確認しております (定格の場合は3.30GHz/TB時4.30GHz)。SPM用途の場合、ストレージの読み出し性能は早いほうが良いということで、M.2 SSDとしております。オーバークロック仕様の場合、通常よりさらに高性能なクーラーや耐久性の高いパーツを用い、安定動作の検証を経ての出荷となりますが、定格に比べ寿命や安定度に関しましては、多少犠牲となります点、予めご了承ください。

主な仕様

CPU Core i9 7900X (4.60GHz OC設定済 10コア)
メモリ 64GB (16GBx4)
ストレージ SSD 256GB  (M.2)
ビデオ Radeon R5 230
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +850W
OS Windows 10 Professional 64bit
事例追加日:2018/7/13
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。