事例No.PC-5938

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
915,200

3Dナビゲーションマウス付 3DCAD・解析用PC例 (予算90万)

用途:3DCAD・解析用

お客さまからのご相談内容

90万程度の予算にて、SolidWorks、SOLIDWORKS Simulation Premium、PHOENICSといったソフトウェアを利用して、3DCADをはじめ構造解析から流体解析までをマルチに行えるマシンを検討中。

テガラからのご提案

お客様よりCPUはXeonとのご指定をいただき、1CPUモデルと2CPUモデルでご提案させていただいたところ、1CPU構成でのご依頼となりました。3DCAD向けのナビゲーションマウス 3Dconnexion SpaceNavigator SEをバンドルした構成としております。

主な仕様

CPU Xeon W-2145 (3.70GHz ※TB時4.50GHz 8コア)
メモリ 128GB (ECC REG 32GBx4)
ストレージ システム:SSD 500GB
データ:NAS用HDD 4TB S-ATA
CD/DVD Blu-rayディスクドライブ
ビデオ Geforce GTX 1080Ti
ネットワーク GigabitLAN x1 + 5G x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 3Dナビゲーションマウス:3Dconnexion SpaceNavigator SE
事例追加日:2018/8/9
事例No.PC-5041

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
563,200

CAE (非線形解析)用マシン例

用途:CAE、CAD

お客さまからのご相談内容

ANSYSでゴムの非線形解析をするマシンを検討中。CPUは新しくてクロックの高いものを希望。CAE (ANSYS、STAR-CCM+)、CAD (Solid Works)での使用。

テガラからのご提案

クロックを重視したi7構成と、拡張性を残したi9構成でクロックが上位のモデルの2パターンでご案内し、i9の構成が採用された例となります。Intel Turbo Boost Max Technology 3.0条件下では理論的には 4.50 GHz までクロックアップが望めます。
こちらの事例は弊社の TEGSTAR Premium モデルからもカスタム選択が可能です。

主な仕様

CPU Core i9 7900X (3.3GHz 10コア)
メモリ 64GB
ストレージ SSD 512GB (M.2) + HDD 4TB (SATA)
ネットワーク GigabitLAN
ビデオカード Quadro P2000
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232×451×521mm) +650W
OS Windows 10 Pro 64bit
事例追加日:2017/9/5
事例No.PC-4675

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
918,500

ディープラーニング+SolidWorks 兼用WS

お客さまからのご相談内容

予算100万前後でディープラーニング、ソリッドワークスのシミュレーションと、用途を切替して使用できるワークステーションを検討している。Xeonベースで、今現在使用しているマシンはビデオメモリ容量が足りていない可能性が高いので、GPUメモリサイズを重視した構成を希望。

テガラからのご提案

ご要望に応じ、Windows 10 + Ubuntu14.04のデュアルブート構成でのご提案となります。学習の速度よりもビデオメモリの容量を重視という点から、ソリッドワークス側のOpenGL対応も考慮し、Quadro P5000を選定いたしました。

主な仕様

CPU Xeon E5-1660v4 (3.2GHz 8コア)
メモリ メモリ64GB ECC REG
ストレージ SSD 500GB + HDD 4TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro P5000 16GB
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +850W
OS Windows 10 Pro + Ubuntu14.04 (デュアルブート構成)
その他 23インチモニタ
事例追加日:2017/3/14
事例No.PC-4252

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
330,000

予算30万のSolidWorks用マシン例

用途:流体解析 (SolidWorks)

お客さまからのご相談内容

SolidWorks Flow Simulationにて流体解析 (内部流れ) を行っているが、現行のスペックでは流線をアニメーションで見ることができない。予算30万程度で適したマシンを検討したい。また、メッシュの数を増やしての解析をしたい (300万メッシュ希望)。

テガラからのご提案

たたき台として予算を前提としてスペックを割り振り、ご提案させていただきました。メッシュ数や動作的に、メモリが足りていないと思われたため、余裕をもって64GBといたしました。また、ビデオカードに関しましては、予算的にOpenGL対応のローエンドカードとしております。

主な仕様

CPU Core i7 6850K (3.60GHz 6コア)
メモリ 64GB
ストレージ HDD 1TB
ネットワーク GigabitLAN
ビデオ Quadro K620
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm)+650W電源
OS Windows 10 Pro 64bit
事例追加日:2016/10/11
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。