事例No.PC-5912

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
242,000

NBS Presentation向けPC例

用途:特定ソフトウェア最適化(NBS Presentation)

お客さまからのご相談内容

感性評価実験の刺激呈示のためのPCを検討中。QuadCore以上のそれなりに高性能なCPUと、1050Ti以上のビデオカード、NBS Presentationからの信号をトリガとして生体アンプに入力するためのパラレルポートが必要。また、自前のSound Blaster ZxRを搭載可能な内部スペース、出来るだけ静音を希望。

テガラからのご提案

ビデオカードで2スロット、LPT(パラレルポート)で1ポートを使用いたしますので、お客様ご利用中のSound Blasterを利用することを想定いたしますと、ミニタワーでは搭載スペースが足りませんので、静音性も考え、ミドルタワーでのご提案とさせていただきました。

主な仕様

CPU Core i7 7700 (3.60GHz 4コア)
メモリ 16GB (8GBx2)
ストレージ SSD 500GB (SATA)
ビデオ NVIDIA Geforce GTX1050Ti
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +650W
OS Windows 10 Professional 64bit
I/F 追加LPTポート
事例追加日:2018/7/27
事例No.PC-3513

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
200,000

刺激呈示ソフト「NBS Presentation」に最適化されたPC

用途:特定ソフトウェア最適化(NBS Presentation)

お客さまからのご相談内容

脳機能イメージング研究における実験用の画像や音などの刺激提示出力および制御に最適化されたPCを予算20万程度でお願いしたい。使用ソフトは視覚・聴覚刺激呈示ソフトウェア「NBS Presentation」で、特に聴覚刺激の出力に特化したものを希望。

テガラからのご提案

事例PC-2421の 2015年8月時点での現行版にて提案いたしました。 サウンドとビデオカードの性能が重要になるソフトですので、予算内で出来るだけ上位の製品を搭載しております。 速度を重視して、作業ドライブはSSDとしております。また、メモリは現時点では8GBですが、最大32GBまで増設可能です。

主な仕様

CPU Core i7 4790 (3.60GHz 4コア)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB
ネットワーク GigabitLAN x1
ビデオ NVIDIA GeForce GTX 750
サウンドカード Sound Blaster Z
筐体+電源 ミニタワー筐体 (180x363x370 mm フロントパネルを除く)
+ 630W電源
OS Windows 8.1 Professional 64Bit

NBS Presentation向けPCの最新事例は、こちらをご覧ください。

事例追加日:2015/08/29
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。