事例No.PC-10140
参考価格:
1,551,440

ニューラルネットワーク研究用マシン

用途:機械学習 (PyTorch、CUDA)

お客さまからのご相談内容

機械学習 (ニューラルネットワーク) 用のPCが欲しい。
2枚のGPUを搭載して、それぞれを別々の学習で利用したい。具体的には、以下のスペックを考えている。

CPU:IntelでもAMDでもどちらでもよい
マザーボード:PCI-E 4.0 x16(PCI-E 5.0 x8)相当の転送速度でGPUを2枚挿せるもの
メモリ:DDR4-3200かDDR5で、32GBか64GBのどちらかを検討している
SSD:NVMeタイプ 500GB
HDD:S-ATA 8TB
電源:1600W
GPU:NVIDIA Geforce RTX3090 x2枚
OS:CentOS 7

テガラからのご提案

第3世代Xeon Scalableを用いた1CPU仕様のマシンをご提案しました。
この構成を採用した主な理由は、PCI Express 4.0への対応です。2台のビデオカードはPCI-Express 4.0 x16の帯域幅で接続されます。

また、用途を考えるとメインメモリはビデオメモリの総容量以上を確保することが望ましいため、RTX3090のビデオメモリ24GB x2枚分の48GB以上である64GBとしています。
その他の構成も、可能な限りお客さまのご要望にあわせています。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6326 (2.90GHz 16コア)
メモリ DDR4-3200 64GB
ストレージ1 500GB SSD M.2
ストレージ2 8TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x2
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1600W
OS CentOS 7
その他 CUDA Toolkit 11
交換用内部ファン 12cm x3

事例追加日:2022/06/30
事例No.PC-9235
参考価格:
2,526,920

RTX 3090×4搭載 4GPUマシン(200V電源環境向け)

用途:機械学習、推論専用サーバー

お客さまからのご相談内容

学習済みのDNNモデルを予め用意しておき、そのモデルの推論専用サーバーを構築したい。DNNのGPU処理が可能な限り高速なマシンを希望。
GPU処理能力・GPUメモリを優先したいと考えており、事例No.PC-8351のようにRTX3090を4枚搭載した構成を想定している。
SSDは1TB程度、メモリは128GB以上、CPUの希望はないが、予算200万円の範囲内で高スペックなものにしたい。
電源は100Vでも200Vでも対応可能だが、サーバー用途のため24時間通電する想定。

テガラからのご提案

ご覧いただいた事例No.PC-8351は電源を2台搭載していますが、100V給電で4枚のGPUを動作させるための対応であり、リダンダント構成ではありません。かなり特殊な電源構成ですので、24時間稼働のサーバー用途での導入は推奨しておりません。
そのため、用途を踏まえた上での参考見積もりとして、本事例の構成をご用意しました。

電源環境は200V給電が必須の構成となります。
お客様の指定にあわせる形での構成案としていますが、サーバー用途である点を考慮すると信頼性に関わる部分のクオリティを下げることが難しいため、ご予算オーバーでのご提案としています。
ご予算優先の場合には、GPUの搭載数などを見直すことで調整できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Silver 4309Y (2.80GHz 8コア)x 2 (合計16コア)
メモリ 128GB ECC REG
ストレージ 960GB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x 4
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +2200W電源 (100V利用時は1200Wまで)
OS Ubuntu 20.04
その他 NVIDIA CUDA Toolkit 11

 

事例追加日:2021/9/24
事例No.PC-8999
参考価格:
1,389,300

衛星データ解析/モデルシミュレーション用マシン

用途:衛星データ解析、モデルシミュレーション、機械学習

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-8617Aを見ての問い合わせ。衛星データ解析と気象モデリングのシミュレーションを行うためのマシンを希望。
CPUコア数は32コア程度で十分。ECC対応メモリ192GB以上を搭載した構成が理想。
機械学習での利用も想定しているため、8GB以上のビデオメモリを搭載したNVIDIA GPUを搭載したい。
ストレージは将来的な増設で対応するので、初期時点では1TB程度のSSDが1台あれば問題ない。
OSはUbuntu 20.04で、120万~140万円の予算範囲で提案して欲しい。

テガラからのご提案

2CPU仕様で条件を満たす構成を検討しました。
ご覧いただいた事例No.PC-8617Aをベースに検討していますが、事例ではCPUが52コアであるのに対し、本構成ではお客様の想定に合わせて32コア程度に調整しています。
ストレージは、SSDの他にデータ用として16TB HDDを搭載していますが、使い方によって調整しますのでご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6226R (2.90GHz 16コア) x2
メモリ 192GB (16GB x 12) ECC REG
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 16TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +1000W
OS Ubuntu 20.04

 

本事例はRADIC 2CPU Modelをベースにしています。
スペック変更による概算価格のシミュレーションはこちらからご確認いただけます。
※RADICのモデルチェンジ等の理由により、事例の構成と同一のスペックを選択できない場合があります。
 おそれ入りますが、予めご承知おきください。

事例追加日:2021/07/21
事例No.PC-8634
参考価格:
2,769,800

TESLA V100S搭載DeepLearning用マシン

用途:機械学習、DeepLearning

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-5363と同等のマシンが欲しい。用途はDeepLearningで、TESLAを搭載した構成を希望。

テガラからのご提案

事例No.PC-5363の構成で搭載していたTESLA P100が終息のため、現行品のTESLA V100Sへ変更しつつ、全体的なスペックも現行仕様としたお見積もりです。
メモリはCPUのチャネル数にあわせて、16GB x12枚の192GB構成としています。
OSはUbuntu16.04のサポート終了が近いため最新の安定版に変更としていますが、別ディストリビューションへの変更をご希望の際にはご相談ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6226R (2.90GHz 16コア)x 2 (合計32コア)
メモリ 192GB (16GBx12) ECC REG
ストレージ1 960GB SSD (S-ATA)
ストレージ2 2TB HDD (S-ATA)
ビデオ on board
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +2200W電源 (100V利用時は1200Wまで)
OS Ubuntu 20.04
GPU TESLA V100S 32GB
その他 NVIDIA CUDA Toolkit 11

 

事例追加日:2021/2/16
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。