事例No.PC-LEG107

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
170,000

Windows XPおよびRAID 1を搭載した FAパソコン

用途:FA用途

OSにWindows XP Professionalを搭載し、RAID1でHDDの耐障害性を高めたPCの一例です。本機はFA用として納入しています。RAIDについては、前面パネルの液晶モニターに状態が表示されるようになっており、異常時にはブザーが鳴るよう設定することもできます。

主な仕様

CPU Pentium Dual-Core E5800 3.2GHz/2MB FSB800
メモリ 合計 2GB DDR2-800 1GB PC2-6400×2
ストレージ HDD 500GB S-ATA x2(RAID 1)
ネットワーク 10/100/1000Base-T x2
筐体+電源 デスクトップ筐体(幅430x高さ155x奥行430(mm) +420W
OS OS無し (Windows XP対応)
I/F USB2.0 x6 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
PCI-E (x16スロット) x1 / PCI-E(x4スロット) x1 / PCI x5 / S-ATA x6
その他 DVD-ROMドライブ

※2016年11月30日をもって、Windows XP搭載PCの提供受付は終了いたしました。現在は『OSライセンスなし・本体のみ』でのご提供をしております。
(同様の構成でWindows 7など別のOSをご希望の場合はお問合せください)

※参考価格はOSなし・本体のみでの価格となります。

事例追加日:2010/4
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。