事例No.PC-9348
参考価格:
568,700

産業用ロボット制御用マシン

用途:画像処理、深層学習(推論)、PLCとの通信、産業用機器への接続

お客さまからのご相談内容

産業用ロボットを制御するためのマシンを導入したい。PLCとの通信や各種産業用機器への接続も視野に入れた構成を考えている。

スペックは、CPUをCore i9として、画像処理や深層学習用にGPUを搭載したい。
また、停電対策としてUPSへの接続を想定している。

一番重要な要素は納期なので、納期とそれ以外の条件のバランスを考慮した提案を希望する。

テガラからのご提案

お客様のご要望により、WEB会議にて用途やご希望条件をヒアリングさせていただいた上で構成を検討しました。
機械学習は推論のみとのことで、学習時のようなGPU性能は要求されないと判断し、消費電力と性能のバランスを考慮してミドルクラスの製品としています。

PLCとの通信や、各種産業用機器への接続は、PCI-Expressの空きスロットにインターフェースカードを搭載する形で実現することになりますが、設置場所や運用方法によってご提案内容が変更となる場合がありますので、前提となる条件をご相談いただけますと幸いです。

また、お客様のご希望に合わせてUPSを含めた構成としており、最大消費電力から計算して10分程度のバックアップ時間を確保しています。

なお、納期が最重要であることから、パーツの入手性を重視した構成としています。そのため、一般的な産業用コンピュータとして構成した仕様ではございません。
ただし、用途としては産業用 (業務用) である点を考慮していますので、対応できる範囲においては産業用向けのパーツを用いた構成です。
具体的には、SSDを高耐久製品に変更し、OSをWindows Updateによる機能更新のないIoT Enterpriseとしています。
常時稼働の場合には、電源ユニットも含めて高耐久の仕様にすることが望ましいですが、ご案内の時点では信頼性の高いニプロン製電源の納期が長期化していたため、一般向けの電源を搭載した構成としています。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 32GB
ストレージ 960GB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A4000
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC Highend 64bit
その他 OMRON BN100T ラインインタラクティブ 1000VA/900W
Gigabitサーバアダプター I210T1

 

事例追加日:2021/12/15
事例No.PC-9512
参考価格:
1,766,600

脳画像解析用マシン

用途:SPM、BrainVoyager、DSI studio

お客さまからのご相談内容

予算200万円程度で、脳画像解析用のハイエンドマシンを導入したい。
fMRI (磁気共鳴機能画像法)、DWI (拡散強調画像)などの脳画像データをSPM、BrainVoyager、DSI studioなどのソフトウェアで解析した際に、短時間で処理できる構成を希望。立体像での画像抽出のスムーズさも必要になる。
ハードウェア自体の条件としては、複数のSSDを搭載した構成にしたい。

テガラからのご提案

ご予算200万円以下で、たたき台としての構成を検討しました。
ご利用のソフトであるBrainVoyagerがIntelのMKL (数値演算ライブラリ)を利用していると明記されているため、ベースは全てIntel仕様で統一しています。また、GPUについては、BrainVoyagerがアクセラレートに対応しているため、ご予算内で搭載できる上位製品を採用しています。

SSDは容量に指定がございませんでしたので、ひとまずのご案内として、システム用に2TBとデータ用に4TBを2台搭載した構成です。ご要望に合わせて変更いたしますので、搭載数や容量などに指定がございましたらお知らせください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6230R (2.10GHz 26コア) ×2
メモリ 192GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD S-ATA
ストレージ3 4TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/12/15
事例No.PC-9238
参考価格:
470,800

深層学習による画像解析用マシン

用途:画像解析、Dragonfly

お客さまからのご相談内容

次世代高度3D画像処理ソフトウェア「Dragonfly」を使って、深層学習を用いた画像解析を行うためのマシンを希望。
予算50万円程度に収まる構成を提案して欲しい。
ストレージは、システム用とデータ保存用を分ける形にして、データ保存用はSSDを2台搭載したい。

テガラからのご提案

Dragonflyのシステム要件を確認すると、スペックの優先順位は GPU>メモリ>CPU であり、ストレージも2TBが最低2台必要であることから、SSDは2TB x2台、CPUは推奨のCore i7クラスを前提として、GPUのスペックを可能な限り重視した構成でのお見積もりです。
メモリにつきましては、推奨される容量がビデオメモリの4倍とされていることから、VRAM 8GBの4倍となる32GBとしています。

主な仕様

CPU Core i7 11700 (2.50GHz 8コア)
メモリ 32GB
ストレージ1 500GB SSD S-ATA
ストレージ2 2TB SSD S-ATA × 2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3070Ti
ネットワーク on board(2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/09/24
事例No.PC-9062
参考価格:
408,100

動物行動解析用マシン (Tensorflow 2.x対応 Ampere世代 GPU搭載)

用途:DeepLabCut、動物行動解析

お客さまからのご相談内容

DeepLabCutの動作要件を満たす構成を希望。最低限の動作ができれば良い。
また、DeepLubCutをインストールした状態で出荷して欲しい。
予算は40万円程度を想定。

テガラからのご提案

DeepLabCutを利用できる構成としてお見積もりをご用意しました。
ご要望にあわせて、DeepLabCutのインストールも含めた構成です。

DeepLabCutは、2021年6月のアップデートによりTensorflow 2.xに対応しました。
そのため、Ampere世代のNVIDIA GPUに標準対応しています。

主な仕様

CPU Core i7 11700K (3.60GHz 8コア)
メモリ 16GB
ストレージ 500GB SSD SATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3070
ネットワーク on board(2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー型筐体 +850W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/07/28
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。