事例No.PC-9512
参考価格:
1,766,600

脳画像解析用マシン

用途:SPM、BrainVoyager、DSI studio

お客さまからのご相談内容

予算200万円程度で、脳画像解析用のハイエンドマシンを導入したい。
fMRI (磁気共鳴機能画像法)、DWI (拡散強調画像)などの脳画像データをSPM、BrainVoyager、DSI studioなどのソフトウェアで解析した際に、短時間で処理できる構成を希望。立体像での画像抽出のスムーズさも必要になる。
ハードウェア自体の条件としては、複数のSSDを搭載した構成にしたい。

テガラからのご提案

ご予算200万円以下で、たたき台としての構成を検討しました。
ご利用のソフトであるBrainVoyagerがIntelのMKL (数値演算ライブラリ)を利用していると明記されているため、ベースは全てIntel仕様で統一しています。また、GPUについては、BrainVoyagerがアクセラレートに対応しているため、ご予算内で搭載できる上位製品を採用しています。

SSDは容量に指定がございませんでしたので、ひとまずのご案内として、システム用に2TBとデータ用に4TBを2台搭載した構成です。ご要望に合わせて変更いたしますので、搭載数や容量などに指定がございましたらお知らせください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6230R (2.10GHz 26コア) ×2
メモリ 192GB
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 4TB SSD S-ATA
ストレージ3 4TB SSD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/12/15
事例No.PC-9034
参考価格:
1,707,200

電磁界解析用マシン(メモリ帯域重視)

用途:Rsoft FullWAVE、LightTools

お客さまからのご相談内容

電磁界解析用マシンの見積もりを希望。
2~4CPU構成でメモリ300GB以上、ストレージは1TB以上が必須。OSはWindows。
予算は200万円程度。

テガラからのご提案

PC-7243をご覧になってのお問い合わせでしたので、PC-7243の構成を踏まえて検討しました。
ご利用予定のFullWAVEでは、CPUが32コアより上になる場合、コア数よりも動作クロックの方が効果があると考えられるため、2CPU構成で32コアになり、動作クロックもそれなりに高いXeon Gold 6346を採用しています。
また、FullWAVEでは、12コアあたりでメモリ帯域がコアに対して逼迫し、ボトルネックになると推測されます。そのため新型の第3世代Xeonを利用することで、メモリ帯域を上げた構成としています。
近いスペックのXeon Gold 6246と比較した場合、メモリ単体の速度が9%ほど、メモリチャネルが6chから8chになることで33%程度向上し、結果としてCPUあたりのメモリ帯域が大きく性能アップしていますので、今回の用途で考えた場合には、第3世代Xeonを選択するのが良いかと存じます。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6346 (3.10GHz 16コア) x2
メモリ 512GB (32GB x 16) ECC REG
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/07/21
事例No.PC-8351

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
2,047,100

RTX 3090×4搭載 4GPUマシン(100V電源環境向け)

用途:DeepLearning

お客さまからのご相談内容

RTX3090を4枚搭載した構成を希望。CPUはXeon Silver 4110を2基とし、メモリは合計128GB。ストレージはSSD 1TBを希望。筐体はSYS-7049GP-TRTあたりになるかと予想している。

※【記事】Geforce RTX 3090 複数枚での動作テスト (11月9日 4GPUに関する情報追記)をご覧いただいてのお問い合わせです。

テガラからのご提案

お客様のイメージされているSYS-7049GP-TRTを用いた構成の場合、消費電力の面で200Vの電源環境が必須であり、その200Vの場合でも1800Wまでの出力となってしまいます。RTX3090は消費電力が1枚350Wとなるため、4枚で1400Wの消費電力となります。そのため、CPUやストレージなどの構成によっては、SYS-7049GP-TRTの電源容量でも足りなくなる可能性がありえます。この点を考慮し、今回の構成では1600W電源(100V時 1300W)を2台連動させることで、それぞれ100V電源ケーブルでGPU x4枚を稼働させる構成としています。

なお、本構成にはいくつかの制限が存在します。
まず、あくまで100V対応のために電源を分けているため、消費電力が15Aを超えます。そのため、必ず別系統の電源コンセントから給電していただく必要があります。 (1コンセントからのタコ足配線利用は不可です) 電気契約も15Aでのご利用は不可となります。

また、電源やGPUなどの物理的な配置の問題で、HDDなどを追加することができない構成です。内蔵で搭載できるドライブはM.2タイプのストレージが2枚までです。

最後に、上記の通り電源を連動させて給電する構成ですので、クリティカルな用途でのご利用は避けるようお願いいたします。電源 x2の構成ではありますが、これらはリダンダントではなく給電量を確保するための連動となりますので、片方の電源が故障した場合、システムは機能しなくなるものとお考えください。

 

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 128GB (32GB x 4)
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090 x4
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x2)
筐体+電源 キューブケース+1600W電源×2台
OS Ubuntu 18.04

 

※2021/12/08 半導体不足によるパーツ価格の高騰を受け,価格を修正しました

事例追加日:2020/11/30
事例No.PC-6762

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
1,848,000

AI画像検査・解析用ワークステーション例

用途:AI解析、AI画像検査

お客さまからのご相談内容

AIを利用した画像検査システムの導入を検討中。汎用PCでは処理能力が足りないため、カスタム提案を希望。試作機でのテスト後、工場へ順次導入予定。

テガラからのご提案

XeonやCore Xシリーズを含めた複数選択肢でのご提案の中、最終的に単独コアでの高速処理を重視したCore i9をベースにした構成で採用いただきました。
本事例のCPUのPCI-Eサポートレーン数は16となり、複数枚のGPUを搭載した場合には、GPU1枚あたり x 8のPCI-E速度となりますが(*1)、それを差し引いてもGPU2枚挿しによる負荷分散のほうが有効と考えられたため、PCI-E速度がx8動作になる点をご了承いただいたうえで、GPU2枚差しでの構成にて採用いただきました。

*1. CPUにはPCI-Eコントローラーが内蔵されており、それによりシステムとして管理できるPCI-Eレーン数の上限が決まります。

主な仕様

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア ※TB時5.00GHz)
メモリ 64GB (16GBx4)
ストレージ システム:SSD 1TB 高速モデル (M.2) + データ:HDD 2TB (S-ATA)
ビデオ NVIDIA Quadro RTX 6000 48GB x 2台 ※PCI-Eは x 8動作
ネットワーク GigabitLAN x 1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit
ディスプレイ 21.5型ワイドディスプレイ (DP接続可能)
事例追加日:2019/6/6
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。