事例No.PC-9158
参考価格:
2,036,100

科学計測のためのビッグデータ解析用マシン

用途:Matlab、ビッグデータ解析

お客さまからのご相談内容

Matlabベースの自作ソフトウェアを用いて、科学計測のためのビッグデータをマルチスレッド処理したい。シミュレーションを高速化、スケールアップするためにマシンの導入を検討している。現在の開発環境は、Core i7/メモリ 16GBのノートPC環境で、処理に1週間以上かかっている状況。
予算は約200万円で、CPUはThreadripper 3995WXを希望しており、メモリ容量は可能な限り多くしたい。GPU性能はそれほど重視しない。

テガラからのご提案

ご希望に合わせて、Threadripper 3995WXを搭載した構成にてご提案しました。
ご予算の範囲ですと、メモリ搭載量は512GBとなります。
その他のスペックは暫定としていますので、ご希望に合わせて変更いたします。

主な仕様

CPU Ryzen ThreadripperPRO 3995WX (2.70GHz 64コア)
メモリ 512GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 16TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400 2GB
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー型筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/08/17
事例No.PC-9034
参考価格:
1,707,200

電磁界解析用マシン(メモリ帯域重視)

用途:Rsoft FullWAVE、LightTools

お客さまからのご相談内容

電磁界解析用マシンの見積もりを希望。
2~4CPU構成でメモリ300GB以上、ストレージは1TB以上が必須。OSはWindows。
予算は200万円程度。

テガラからのご提案

PC-7243をご覧になってのお問い合わせでしたので、PC-7243の構成を踏まえて検討しました。
ご利用予定のFullWAVEでは、CPUが32コアより上になる場合、コア数よりも動作クロックの方が効果があると考えられるため、2CPU構成で32コアになり、動作クロックもそれなりに高いXeon Gold 6346を採用しています。
また、FullWAVEでは、12コアあたりでメモリ帯域がコアに対して逼迫し、ボトルネックになると推測されます。そのため新型の第3世代Xeonを利用することで、メモリ帯域を上げた構成としています。
近いスペックのXeon Gold 6246と比較した場合、メモリ単体の速度が9%ほど、メモリチャネルが6chから8chになることで33%程度向上し、結果としてCPUあたりのメモリ帯域が大きく性能アップしていますので、今回の用途で考えた場合には、第3世代Xeonを選択するのが良いかと存じます。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6346 (3.10GHz 16コア) x2
メモリ 512GB (32GB x 16) ECC REG
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA T600
ネットワーク on board (1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 +1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/07/21
事例No.PC-8724
参考価格:
1,383,800

空撮写真から3Dモデルを作成するためのマシン

用途:Metashape、SfM、UAV

お客さまからのご相談内容

DJI Mavis Pro2で撮影した空撮写真 4000枚から、Metashapeで3Dモデルを作成するためのマシンを希望。

テガラからのご提案

扱う写真が4000枚規模の場合、品質設定にもよりますがメモリ容量は512GBが目安となります。
ドローンで撮影した写真ということで、Agisoftのメーカーページに掲載されているFAQ情報を確認しますと、40Mpixの写真を920枚処理する場合でも使用するメモリ容量のピークが20GB近くですので、4倍の4000枚であれば問題ないと考えられます。

なお、本件は事例No.PC-8043をご覧いただいてのお問い合わせですが、PC-8043の最大メモリ搭載量は256GBのため、今回ご提案の構成ではより多くのメモリを搭載できるXeon Wを搭載しています。
CPUは搭載可能なもので最もコア数の多い製品を採用しています。

GPUはMetashapeのGPUアクセラレーションでの利用を想定していますが、Metashape側で大容量のビデオメモリを要求する作業はございませんので、処理能力の面では十分と判断しています。

主な仕様

CPU Xeon W-2295 (3.00GHz 18コア)
メモリ 512GB
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080x2
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

「Metashape」の検証に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

事例追加日:2021/06/25
事例No.PC-8201
参考価格:
940,500

CAE向けマシン (メモリ512GB仕様)

用途:特定ソフトウェア最適化 (Femtet)

お客さまからのご相談内容

予算100万程度でCAEソフトウェア「Femtet」を可能な限り高速に扱える構成を希望。
ソフトウェア側には並列化オプションをつけているので、複数コア+メモリ32GB以上の構成で検討したい。

テガラからのご提案

Femtetでは、お客様も導入されている並列化オプションを有効にすることで、マルチスレッド処理が可能になります。

■Femtetベンチマーク
https://www.muratasoftware.com/common/files/Femtet-BenchMark.pdf

メーカー公式の技術資料によりますと、4スレッドまでは劇的に処理時間が短縮されますが、それ以降の処理速度の向上が鈍化しています。公式資料の中で確認できるのは8スレッドまでの結果ですが、おそらく10以上のCPUコアを計算に投入しても、処理性能の向上は小さくとどまると推測されます。

一方で、公式資料内で説明されているメモリ使用量に関しては、計算の種類によっては数百GBを消費するため、メモリ容量が非常に重要であることがわかります。

これらの点から、Femtetに適した構成は1CPUで大容量メモリを搭載可能な仕様が第一候補となります。メーカー公式資料のベンチマークで使用されたマシンは2CPU/44コア搭載のマシンですが、2CPU以上の構成はCPUリソースに冗長な部分が多くできてしまう恐れがあります。

本事例の構成は、Xeon Wを用いた構成です。Xeonを採用するメリットはメモリ搭載量の上限が高い点にあり、ご予算の範囲で512GBまでのメモリ搭載が可能です。CPU自体は12コア製品としていますが、前述の通り並列処理での速度向上が8スレッドあたりで頭打ちになることから、8コアを計算に利用する前提で、多少の余裕をもたせる意図となります。また、今回選定のW-2265は、TurboBoost作動時の最大クロックが高く設定されているCPUでもあります。

主な仕様

CPU Xeon Processor W-2265 (3.50GHz 12コア)
メモリ 512GB (64GB x 4)
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 2TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Quadro P620
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行543mm) + 750W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2020/11/25
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。