事例No.PC-8201
参考価格:
940,500

CAE向けマシン (メモリ512GB仕様)

用途:特定ソフトウェア最適化 (Femtet)

お客さまからのご相談内容

予算100万程度でCAEソフトウェア「Femtet」を可能な限り高速に扱える構成を希望。
ソフトウェア側には並列化オプションをつけているので、複数コア+メモリ32GB以上の構成で検討したい。

テガラからのご提案

Femtetでは、お客様も導入されている並列化オプションを有効にすることで、マルチスレッド処理が可能になります。

■Femtetベンチマーク
https://www.muratasoftware.com/common/files/Femtet-BenchMark.pdf

メーカー公式の技術資料によりますと、4スレッドまでは劇的に処理時間が短縮されますが、それ以降の処理速度の向上が鈍化しています。公式資料の中で確認できるのは8スレッドまでの結果ですが、おそらく10以上のCPUコアを計算に投入しても、処理性能の向上は小さくとどまると推測されます。

一方で、公式資料内で説明されているメモリ使用量に関しては、計算の種類によっては数百GBを消費するため、メモリ容量が非常に重要であることがわかります。

これらの点から、Femtetに適した構成は1CPUで大容量メモリを搭載可能な仕様が第一候補となります。メーカー公式資料のベンチマークで使用されたマシンは2CPU/44コア搭載のマシンですが、2CPU以上の構成はCPUリソースに冗長な部分が多くできてしまう恐れがあります。

本事例の構成は、Xeon Wを用いた構成です。Xeonを採用するメリットはメモリ搭載量の上限が高い点にあり、ご予算の範囲で512GBまでのメモリ搭載が可能です。CPU自体は12コア製品としていますが、前述の通り並列処理での速度向上が8スレッドあたりで頭打ちになることから、8コアを計算に利用する前提で、多少の余裕をもたせる意図となります。また、今回選定のW-2265は、TurboBoost作動時の最大クロックが高く設定されているCPUでもあります。

主な仕様

CPU Xeon Processor W-2265 (3.50GHz 12コア)
メモリ 512GB (64GB x 4)
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 2TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Quadro P620
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x1 5G x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行543mm) + 750W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2020/11/25
事例No.PC-7934B
参考価格:
4,769,600

マルチフィジックス数値流体解析 (CFD/CAE)用大容量メモリ (768GB)搭載マシン

用途:COMSOL Multiphysics(Wave Optics Module)

お客さまからのご相談内容

COMSOL Multiphysics (Wave Optics Module)での計算を高速化したい。現在使用しているPCはXeon E5-2697v2 (24コア/2.70GHz)でメモリ64GB。

ドメイン要素が増えると「out of core」と警告が出て急激に遅くなるため、メモリ容量をできるだけ増やした構成を希望。

テガラからのご提案

「out of core」の警告が表示される理由は、ソフトメーカーの推奨環境であるCPU実装コア数 x 4GB以上のメモリ搭載を満たしていないことに起因していると考えられるため、メモリを2CPU構成の実質的な上限である768GBまで搭載した構成でご提案しました。大容量メモリを活かせるよう、CPUのコア数は最大となるように選定しています。

タワー型筐体のため、ラックマウント環境がなくても設置が可能ですので、既存ラックがない場合や4CPU構成のような大規模なマシンまでは必要ない場合には選択肢になり得るかと思います。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8280(2.70GHz 28コア) x 2  (合計56コア)
メモリ 768GB (64GBx12)ECC REG
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Quadro P2200 5GB
ネットワーク on board (1000Base-T x 2)
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行647 mm) + 1200W
OS Microsoft Windows 10 Pro for Workstation
事例追加日:2020/7/20
事例No.PC-5026

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
6,101,700

Xeon Platinum搭載 統合サーバー例 (予算500~600万)

用途:ファイル/DB兼用サーバ, WS

お客さまからのご相談内容

Stata MPでデータマネジメントとデータ解析を行う予定で、ファイル/DB兼用サーバとしての利用に加え、将来的にArcGISやMATLAB、Rといったソフトウェアを処理するWSとしても使用したい。10GbLANで通信したい。サーバーラックへの格納希望。

テガラからのご提案

お客様ご指定のXeon 新モデルにて、ご予算内でできるだけコア数を増やした構成としております。本事例ではストレージはSSD1本ですので、使用するソフトウェア動作や共有するデータ等によりましては、複数ディスク搭載もご検討ください。

主な仕様

CPU Xeon Platinum 8180 (2.5GHz 28コア) x2 (合計56コア)
メモリ 512GB ECC LR-DIMM
ストレージ SSD 1.75TB (PCI-E)
ネットワーク GigabitLAN x2 +Intel 10GBase-T LAN追加
ビデオカード Quadro P600
筐体+電源 4Uタワー筐体 ( 452×178×648 mm) +1200W
OS Windows 10 Pro 64bit
その他 Blu-rayドライブ / ラックマウント用レール / 「あんしん+」 3年保証

【注】こちらは使用部材の入手性の関係で安定供給までに時間のかかる(※)構成ですが、まずは予算取りとしてご提案いたしました (※2017年8月時点)

事例追加日:2017/8/7
事例No.PC-3915

この事例は掲載から時間が経過しているため内容が古い可能性があります。
用途や特徴・要件をふまえた、最新構成でのご提案をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:
3,362,000

300万超 計算サーバの例 (三次元熱流体解析用)

用途:熱流体解析

三次元熱流体シミュレーション用マシンとして、予算取りのたたき台お見積りを提示させていただきました。
具体的には、300万前後の構成を2台 (税抜合計700万以内)のお見積りです。物理コア数は合計36コア、メモリ容量は512GBと、できるだけ多く搭載し、OSはRedHat Enterprise Linux WSとしております。さらに8TBの大容量HDDをRAID10で構築し、スペアを持たせた構成としております。電源ユニットは冗長構成となります。

現時点でビデオカードの性能は重視しないとのことでしたが、必要に応じてビデオカードの変更は可能です。

主な仕様

CPU Xeon E5-2699v3 (2.30Hz(TB 3.6GHz) 18コア) x2 (合計36コア)
メモリ 512GB (ECC LR-DIMM)
ストレージ 8TB S-ATA HDD x6 (RAID10 / 2台スペア設定)
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ HD6450
筐体+電源 タワー筐体 (452x178x647 mm) + 1200W リダンダント電源
OS RHEL Workstation Standard 1-2sockets Up to 1guest 3year
その他 MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ

 

事例追加日:2016/04/15
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。