事例No.PC-8824
参考価格:
7,461,300

メモリ3TB搭載マシン

用途:スパコンの代替としての小規模計算用

お客さまからのご相談内容

スパコンを使って計算を行っているが、全ての計算をスパコンに任せるとすぐにリソースを枯渇させてしまうため、小規模な計算を扱うためのマシンが欲しい。
OpenMPやMPIを使って並列で計算することを想定していることに加え、小規模な計算といってもスパコン基準であるため、メモリは1.5TB以上必要。
予算は700万円程度で考えていて、マシン規模から5年保証を前提にしたい。また、IntelコンパイラのFree版をインストールして出荷して欲しい。

テガラからのご提案

ご予算内でメモリ容量とCPUコア数を最大化した構成をご提案しました。
Intelコンパイラをご希望いただいたことからIntel製CPUを用いた構成としており、24コア CPUx4基で合計96コアとしています。また、メモリも64GB x48枚で約3TB構成としています。

本事例の構成にはGPUを含みませんが、搭載する電源ユニットは100V時に1000Wまで (200V時 1800W) のため、100Vでは高負荷時に容量オーバーしてしまう可能性があります。そのため、200V用の電源ケーブルでのご案内としています。

また、この規模のマシンですと、内部冷却との兼ね合いから動作音がかなり大きくなります。
サーバールームでの利用を想定したラックマウント筐体仕様ですが、導入をご検討いただく際には設置環境にご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon Gold 6348H (2.30GHz 24コア) x4
メモリ 3TB REG ECC
ストレージ 1.92TB SSD S-ATA
ビデオ on board
ネットワーク on board (10GBase-T x2)
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 + 1800W (100V利用時は1000Wまで)
OS Ubuntu 20.04
その他 200V対応電源ケーブル
Intel oneAPI(Base Toolkit + HPC Toolkit) Free版プリインストール
HDD返却不要サービス付き「あんしん+」 5年保証

 

事例追加日:21/11/08
事例No.PC-9359
参考価格:
486,200

USB3.0を15ポート以上搭載するマシン

用途:複数のWEBカメラからの画像取り込み

お客さまからのご相談内容

USB2.0が30ポート以上、もしくはUSB3.0以上が15ポート以上あるマシンが欲しい。
USBポートにはWEBカメラを接続する想定で、全てのポートがUSB2.0ならば1台ずつ、USB3.0ならば同時に2台ずつのWEBカメラから、安定してフルHD映像を取り込む帯域を持っている仕様が望ましい。

テガラからのご提案

ご指定のUSBポート数を満たすためには、マザーボードに搭載されているポートだけでは数が足りないため、PCI-Express拡張カードを搭載することで、ポート数を増設しています。拡張カードの各ポートは系統が独立していますので、それぞれのポートをUSB3.0の転送速度5.0Gbpsで利用できる仕様です。

マザーボードのUSBポートを含めると、追加する拡張カードは3枚だけでも十分ですが、カメラを接続する系統を揃える意味で、拡張カード4枚とし、全てのカメラを拡張カード経由で接続することを想定しています。

その他のスペックは暫定的なものですので、指定がございましたらお気軽にご連絡ください。

主な仕様

CPU Xeon W-2255 (3.70GHz 10コア)
メモリ 32GB REG ECC
ストレージ 1TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x2)
筐体+電源 タワー型筐体 + 850W
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 USB3.0 4ポート増設拡張カード x4

 

事例追加日:2021/11/08
事例No.PC-9394
参考価格:
1,072,500

XFdtd用マシン

用途:XFdtd、電磁界解析

お客さまからのご相談内容

XFdtd7を用いて、携帯端末と人体周りの電磁界分布の計算を実施したい。
解析空間をできるだけ大きく確保したいことに加え、GPUを使って計算をある程度高速化できる構成が希望。
予算は100万円を想定。

テガラからのご提案

ご予算に合わせて、ご検討のたたき台としてお見積もりをご用意しました。
基準的なスペックは、XFdtd7のシステム要件情報をベースに検討しています。

推奨GPUはNVIDIA Tesla P100やV100といった倍精度に対応した製品ですが、ご予算の範囲内では倍精度計算に対応することが難しいため、単精度計算能力としてはほぼ最上位にあたるRTX3090を採用しています。そのため、GPU計算についてはそれほど処理速度が上がらない可能性があります。

その他、解析空間をできるだけ大きく確保したいとのご要望に合わせて、メモリとHDDの容量は多めに確保しています。

主な仕様

CPU Xeon W-2295 (3.0GHz 18コア)
メモリ 128GB REG ECC
ストレージ1 2TB SSD M.2
ストレージ2 16TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3090
ネットワーク on board (10/100/1000Base-T x2)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

 

事例追加日:2021/11/08
事例No.PC-9327
参考価格:
502,700

タンパク質立体構造解析用マシン (エントリーモデル)

用途:AlphaFold2

お客さまからのご相談内容

タンパク質立体構造解析用マシン事例(PC-9193)の廉価版を提案して欲しい。
50万円程度の予算で、AlphaFold2が動作するマシンを希望。

テガラからのご提案

AlphaFold2はTensorflowを基盤としていますので、GPGPUが利用できれば現実的なレベルでの利用は可能と判断し、構成を検討しました。

GPUのRTX A4000はハイエンド製品ではありませんが、GPGPU向けとしてある程度積極的に利用できる下限スペックの製品となります。
なお、Geforce RTX3080と3090はご予算をオーバーしてしまうため、本件では選択肢から除外しています。

また、AlphaFold2はインストールの方法が複数あり、方法によっては予めCUDA Toolkitをインストールしておくことが、かえってセットアップの障害となる場合があります。
そのため、本構成ではあえてCUDA Toolkitのインストールを含めておりません。
CUDA Toolkitをインストールした状態での出荷をご希望の場合には、お気軽にご相談ください。

主な仕様

CPU Core i9 10900X (3.70GHz 10コア)
メモリ 64GB
ストレージ1 500GB SSD S-ATA
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA RTX A4000
ネットワーク on board(10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 タワー型筐体 + 850W
OS CentOS 7

 

事例追加日:2021/11/05
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。