事例No.CD-3765

Tesla K80x8(16GPU) 搭載の解析用大規模計算サーバー

用途:計算サーバー
参考価格:お問い合わせください

「現在、GPGPUを用いた特定のソフトウェア(解析ソフト)を汎用のPC複数台で分散処理しているが、高速演算装置1台にまとめたい。ソフトウェアの限界までCPU&GPUを搭載希望。」とのお問い合わせをいただきご提案した事例です。

ご利用のソフトウェアについて動作要件をメーカーと調整し、16GPU動作OKの確認が取れたため、Tesla K80(2GPU)を8枚搭載する構成でのお見積りとしました。消費電力の関係上、電源の供給は200V-240Vで4本必要です。なおストレージ増設の場合は2.5″スロットでの対応となります。

主な仕様

CPU Intel Xeon E5-2697v3 (2.6GHz 14コア) x2 (合計28コア)
メモリ 合計 128GB DDR4 2133 REG ECC 16GB x8
ストレージ 1.2TB SSD S-ATA
ネットワーク GigabitLANx2
CUDA TESLA K80 x8
筐体+電源 4Uラックマウント筐体 (178x437x737 mm)
+1600Wリダンダント電源x2 合計3200W (4口/200-240V)
OS Microsoft Windows Server 2012 x64 Standard

 

事例追加日:2016/02
事例No.PC-3549

4-Way SLI対応のハイスペックワークステーション

用途:ワークステーション
参考価格:2,880,000

お客さまからのご相談内容

予算は300万円前後で、Windows7を搭載したハイスペックなワークステーションを用意したい。4-Way SLIに対応した構成を希望。

テガラからのご提案

ご予算・ご希望に合わせた構成でお見積もりしました。 高クロックXeon2基、GTX 980Ti2枚、Tesla K40M2枚を搭載した仕様となっております。※当構成は消費電力の関係で200V-240V電源環境が必要となりますのでご注意ください。

主な仕様

CPU Xeon E5-2643v3 (3.40GHz 6コア)x2 (合計12コア)
メモリ 64GB ECC-REG
ストレージ SSD 256GB / HDD 4TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ GeForce GTX980Ti x2 / Tesla K40M x2
筐体+電源 タワー筐体 (462x178x673 mm) +1620W リダンダント電源
OS  Windows7 Pro SP1 64bit
事例追加日:2015/11/23
事例No.PC-3535B

Scientific Linux搭載ワークステーション (2CPU)

用途:ワークステーション
参考価格:928,000

お客さまからのご相談内容

Scientific Linuxを動作させることが可能なワークステーションのご相談。ご予算100万円前後で、できるだけコア数の多いCPUを搭載したい。

テガラからのご提案

CD-2314の現行版「予算100万円以内」の提案事例です。 RADICベースでコア数を優先した構成としています。

OSはScientific Linux 7.1をプリインストールしております。Scientific Linuxは、RHELがベースとなっており高エネルギー物理学分野等において世界各地の研究機関で利用されています。

主な仕様

CPU Xeon E5-2670v3 (2.30GHz 12コア)x2 (合計24コア)
メモリ 64GB ECC REG
ストレージ HDD 2TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ Quadro K620
筐体+電源 タワー筐体 (幅200x高さ430x奥行560mm ※前面パネル含まず)
+850W電源
OS Scientific Linux 7.1 64bit

 

事例追加日:2015/10/01
事例No.PC-3483B

Agisoft PhotoScan向けマシン案 (Xeon)

用途:Agisoft PhotoScan用
参考価格:886,000

お客さまからのご相談内容

Agisoft PhotoScan Pro で数百枚の画像を3次元化させるPC。バッチ処理で流すことも念頭にあるため、CPUはXeon E5シリーズ、GPUはNVIDIA GeForce TITAN X(予算が許せばSLI)、メモリは詰めるだけ(最低でも64G)希望。

テガラからのご提案

PC-3419の「予算90万円以内」の提案事例です。将来的な拡張要素を残しマザーボードはSLI対応を選定。後にTITAN X追加でのSLIが可能です。Xeonは6-8コア以上ではコア数に対しスコアの伸びが頭打ち傾向の為、コア数よりもクロックを重視しました。
※お客様のご希望によりSLI可能な構成ですが、PhotoScanにおいてはSLIは非推奨という情報もございます。ご確認ください。

主な仕様

CPU Xeon E5-2640v3 (2.60GHz 8コア) x2 (合計16コア)
メモリ 64GB (ECC+REG)
ストレージ HDD 1TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA GeForce GTX TITAN X(増設でSLI可)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅200x高さ430x奥行560mm ※前面パネル含まず) +1000W
OS CentOS 64bit

 

事例追加日:2015/08/05
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

研究用ワークステーション 提案事例の特徴

  • 予算にあわせて最適な構成をご提案
    …予算申請のためのお問い合わせもお待ちしております。公費でのご購入も喜んで承ります。
  • 現在のマシン環境を向上させるご提案
    …現在ご利用中のマシンスペックをうかがい、より処理の高速化が見込める構成をご提案します。
  • 特定のソフトウェアや処理に最適化した構成でのご提案
    …計算解析用ソフトや専門的なソフトウェア使用のためのマシンの提案も得意としています。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。