事例No.PC-10063
参考価格:
603,900

RealityCapture用マシン

用途:フォトグラメトリ用ソフトウェア「RealityCapture」

お客さまからのご相談内容

事例No.PC-8962Bを見ての問い合わせ。
写真から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ用ソフトウェアRealityCaptureを用いて遺構や遺物のSfMが行えるマシンを導入したい。

RealityCapture以外にもAdobe Creative CloudやZoom、Metashapeの使用も予定している。
ドローンを利用するような大掛かりなものは想定していないので、予算60万円程度で構成を提案してほしい。

テガラからのご提案

RealityCaptureとMetashapeを比較すると、RealityCapture側はアルゴリズム上メモリ要求が少ない反面、ストレージへのアクセスが多くなるため、ストレージ速度が重要になります。
そのため、メモリ容量の上限よりもストレージ速度を重視し、CPUを最新世代とすることで、全体的に速度アップした仕様としています。

本構成のCPUはIntel製デスクトップ系の最上位品ですので、一般的なOA用途においては十分なメモリ容量となっています。そのため、オフィス系ソフトで処理が遅いと感じることはほぼないものと思われます。
ただし、ストレージは速度優先での選定としていますので、容量自体はあまり大きくありません。PC上に置くデータ量にご注意ください。

主な仕様

CPU Core i9 12900K (3.20GHz 8コア + 2.40GHz 8コア)
メモリ 64GB
ストレージ 2TB SSD M.2
ビデオ NVIDIA Geforce RTX3080
ネットワーク on board (2.5GBase-T x1)
筐体+電源 ミドルタワー筐体 + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit

【関連情報】

■RealityCapture
画像から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ・ソフトウェア ※ユニポスはメーカー認定リセラーです

■Metashape
写真(静止画像)から高品質な3Dモデルを構築できるソフトウェア。 ※ユニポスはメーカー認定リセラーです

事例追加日:2022/06/15
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税込)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。