事例No.PC-3294

構造解析(FEM)用ワークステーション

用途:有限要素法 構造解析
参考価格:359,000

お客さまからのご相談内容

ご利用ソフトウェア: FEAP 8.4 /統計処理 ::R /データ整理・解析:Octave, Perl。 ソフトウェアの性質上、並列処理の性能は必要ないため、コア数は4コア程度で十分。メモリは32GB程度をご希望。延長保証サービスをご希望。

テガラからのご提案

ある程度メモリを使う計算を行われるとのことでしたので、メモリ速度が速く、後にメモリを増設可能な構成といたしました。 コア数はTurboboost時のクロックが高いモデルとしております。

主な仕様

CPU Xeon E5-1650v3 (3.50GHz 6コア)
メモリ 32GB
ストレージ HDD 1TB
ネットワーク GigabitLANx2
ビデオ NVIDIA Quadro K620
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (230x502x507 mm) +600W
OS CentOS 7 64bit
その他 「あんしん+」3年保証

 

事例追加日:2015/04/28
事例No.PC-3314

一般業務+解析シミュレーション兼用ミニタワーPC

用途:解析シミュレーション (Fortran、Visual MODFLOW)
参考価格:248,000

お客さまからのご相談内容

出来るだけ小型で性能の高い構成。Windows 7 Professional搭載。主に使用するソフトはOffice、Fortran、Visual MODFLOW等。Visual MODFLOWを使用するにあたり、グラフィック性能の必要性が高い場合には、考慮した構成で案内して欲しい。

テガラからのご提案

ご予算内でミニタワーケースでできるだけ高性能な構成としています。ご注意点として、メモリスロット4GB x 4枚のフル構成のため、後々メモリ容量をUPさせるには、既存メモリと入れ替える形となります。Visual MODFLOWがOpenGLに対応しているため、描画速度を向上させるためQuadro系のビデオカードを採用しています。

主な仕様

CPU Core i7 5820K(3.30GHz,6コア)
メモリ 16GB
ストレージ HDD 1TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro K620
筐体+電源 ミニタワー筐体 (180x363x370 mm フロントパネルを除く) +600W
OS Windows 7 professional 64bit

 

事例追加日:2015/4/27
事例No.CD-2151

画像解析用のUbuntu搭載高速演算マシン

用途:画像解析
参考価格:459,000

「できるだけ多くのメモリを積んだ高速演算が可能な研究用PCを探している。長時間の映像を解析し、機械学習にかけて処理することを想定している。」とのお問い合わせをいただき製作した事例です。

CPUについては、ユーザーのプログラムが並列処理よりクロックが有効であったため、1コアあたりの速度を重視し、Xeon E5-1620(3.60GHz、4コア)を採用しました。メモリ容量をより大きくするため、Haswell系ではなくSandyBridge-Eとしています(搭載メモリは128GB)。ストレージはSSD 512GB+HDD 1TBを搭載し、OSはお客さまのご希望でUbuntuをプリインストールしています。

主な仕様

CPU Intel Xeon E5-1620 (3.60GHz 4コア)
メモリ 128GB DDR3 1600 REG ECC 16GB x8
ストレージ 512GB SSD S-ATA / 1TB S-ATA
ネットワーク 10/100/1000Base-T x2
ビデオ GeForce GT640 2GB
筐体+電源 ミドルタワー型 (200x481x464.5mm) +600W電源
OS Windows 7 professional SP1 64bit
その他 DVDスーパーマルチドライブ / CUDA Toolkitインストール

 

事例追加日:2014/01
事例No.PC-2363

熱流体解析(CFD)ソフト PHOENICSのためのPC

用途:熱流体解析
参考価格:301,000

「PHOENICSという熱解析ソフトによる解析の速度を向上させるため、新しいPCの購入を検討している」とのご相談をいただきました。
ご希望の条件としては、高クロックのCore i7、メモリ速度の高いもの、64bit対応で…とのこと。

検討の結果、長時間の計算ではECCメモリが使えるXeonの方が望ましいため、Core i7仕様とXeon仕様の2種類をご提案しました。メモリについては速度面では4枚構成とするのがベストなため、 16GB(4GB×4)と32GB(8GB×4)の2種類をご提案しました。

最終的に、計算の規模がそれなりに大きいことから、ECCメモリを利用できるXeon構成をご注文いただきました。

事例追加日:2013/12/20
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

研究用ワークステーション 提案事例の特徴

  • 予算にあわせて最適な構成をご提案
    …予算申請のためのお問い合わせもお待ちしております。公費でのご購入も喜んで承ります。
  • 現在のマシン環境を向上させるご提案
    …現在ご利用中のマシンスペックをうかがい、より処理の高速化が見込める構成をご提案します。
  • 特定のソフトウェアや処理に最適化した構成でのご提案
    …計算解析用ソフトや専門的なソフトウェア使用のためのマシンの提案も得意としています。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。