事例No.DL-0002

ディープラーニングWS – TITAN Xp 3枚搭載事例

用途:ディープラーニング
参考価格:1,260,000

NVIDIA CUDA Toolkit/DIGITS インストール済 ディープラーニングワークステーション 基本構成へ搭載できる現行最上位のCPUに変更、搭載メモリ量は最大とし、TITAN Xpを3枚搭載した構成例です。

Core i7 系モデルでは性能としては現状最上位となり、オールマイティにご利用いただけます。GPGPUコストパフォーマンスの高いTITAN Xpを複数搭載することで更なるGPGPU処理性能の向上が期待できます (最大で4枚までの搭載が可能、GeForce 1080での複数枚構成も可能です)。
この事例はPCI-Eスロットへの拡張カード追加は考慮しておりませんのでご注意ください。

主な仕様

CPU Core i7 6950X (3.00GHz 10コア)
メモリ 128GB
ストレージ HDD 1TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA TITAN Xp 12GB x3
筐体+電源 キューブ筐体 (330x415x460 mm) +1500W
OS Ubuntu 14.04
その他 NVIDIA CUDA Toolkit/DIGITS インストール済
事例追加日:2017/4/25
事例No.PC-4119

Metashape (PhotoScan)、Pix4d 等のソフト向けマシン

用途:Agisoft Metashape (旧 PhotoScan)
参考価格:1,024,000

お客さまからのご相談内容

Metashape、Pix4dの利用中。画像1000枚程度を取扱う。また、ArcGIS、TerraScanといったソフトも併用できるマシンを、5年保証で150万程度を上限として検討したい。

テガラからのご提案

ご指定のソフトのほとんどはGPGPU計算が有効なため、GTX1080を追加しております。画面出力部分をMetashape以外のOpenGL推奨ソフトに合わせてQuadroとしております。Quadroはあくまで表示用で各ソフトのGPGPU用としては使わない設定を前提としております。

主な仕様

CPU Xeon E5-1680v4 (3.4GHz 8コア)
メモリ 128GB ECC REG
ストレージ 960GB SSD
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ Quadro M2000 + GTX 1080
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm)+850W
OS Windows 10 Pro 64bit
その他 「あんしん+」 5年保証
事例追加日:2017/1/23
事例No.PC-4426

熱流体解析 (CFD)向け ワークステーション例 (予算100万)

用途:熱流体解析
参考価格:1,311,000

お客さまからのご相談内容

予算100万前後で熱流体解析用のマシンを検討している。使用ソフトはANSYS Fluent や、将来的にはParticleworks での使用の可能性もある。データ領域は可能な限り大容量なHDDを希望。できればXeonでTESLA K40を搭載したい。

テガラからのご提案

ご指定の要件を満たした仕様でのご提案となります。当仕様は、PCI-E x16のスロットをすべて使用することとなりますので、ご注意ください (新規増設は不可となります)。

主な仕様

CPU Xeon E5-2687w v4 (3.0GHz 12コア)
メモリ 64GB ECC REG
ストレージ システム: SSD 480GB + データ: HDD 10TB
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro K620 + NVIDIA Tesla K40C Active FAN
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +650W
OS Windows 7 Professional SP1 64bit
その他 21型ワイドモニタ
事例追加日:2016/12/23
事例No.PC-4307

MoldFlow向け高性能マシン (予算100万)

用途:プラスチック射出成形シミュレーション
参考価格:973,000

お客さまからのご相談内容

MoldFlowを使用するにあたり、予算100万円以内で出来るだけ高性能なスペックで検討したい。要非該当証明書。

テガラからのご提案

ご指定のソフトウェアの仕様的に、コア数を重視した構成よりも、クロックを重視した構成のほうが有用と考えられるため、予算内でそちらに比重を置いた提案といたしました。また、GPU性能が有効でOpenGLにも対応していることから、ビデオカードはQuadroを採用しています。
こちらはテガラ製 高性能ワークステーションRADIC 1CPUモデルの構成をベースとした事例です。

主な仕様

CPU Xeon E5-1680v4 (3.4GHz 8コア)
メモリ メモリ64GB ECC+REG
ストレージ 800GB SSD
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro M5000
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) + 850W電源
OS Windows 10 Pro 64Bit
その他 DVDスーパーマルチドライブ / パラメータシート発行
事例追加日:2016/12/09
お客様のご要望をうかがい、最適なPCの構成をご提案する
「お客様だけのオーダーメイドPC」を製作しています。
用途に応じた細かなアドバイスや迅速な対応がテガラの強みです。

研究用ワークステーション 提案事例の特徴

  • 予算にあわせて最適な構成をご提案
    …予算申請のためのお問い合わせもお待ちしております。公費でのご購入も喜んで承ります。
  • 現在のマシン環境を向上させるご提案
    …現在ご利用中のマシンスペックをうかがい、より処理の高速化が見込める構成をご提案します。
  • 特定のソフトウェアや処理に最適化した構成でのご提案
    …計算解析用ソフトや専門的なソフトウェア使用のためのマシンの提案も得意としています。

上記の仕様はテガラでお客様に提案したPC構成の一例です。
掲載内容は提案当時のものであり、また使用する部材の供給状況によっては、現在では提供がむずかしいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。

参考価格については、提案当時の価格(送料込・税別)になります。
ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。